オープンミュージック専用レーベル、hClippr〓 CC始動!

Creative Commonsなどで公開されている作品を配信するために、hClippr™ Musicのサブグループである、hClippr™ CCを設定しました。

なぜ、このような形式にしたかというと、hClippr™ Musicでは将来的にロイヤルティの回収を行わないとは限らないからです。

Last.fmは現状のところ、あまりCreative Commonsなどを考慮した作りとはなっていないため、ちょっと強引な方法ではあるのですが、ライセンス的にはクリアなはず。

3DCGソフトな思い出

先日、trueSpaceが無料配布となったわけですが、考えてみると、これほどのツールが無料でリリースされるのもすごい時代ですよね。

思えば、最初に3DCGソフトウェアに触れたのは、高校時代(1996年頃)に学校のPCにインストールしてあった、3D Studio R3といくつかのマシンに3D Studio R4(そのマシンの確保に奪い合いになったものです)がインストールされており、毎日のように時間外でも入り込んでいろいろと作っていたものです。*1

ちなみにAutoCADも置いてありました。途中から、名前は忘れましたが、レイトレーシングができるアドオンパッケージが追加でインストールされてました。(AutoCADは結構使いましたが、このアドオンはあまり使わなかったような・・・・・・当時のマシンではレンダリングに時間がかかりすぎたというのが大きな理由だと思います。)

どちらも、パラレルポートにドングルが装着されていました。

当時は3D Studioは非常に高価で、確か生徒用のエディションでも2000ドル近くしていたと思います。(確か、商用なら9000ドル超えていたはず。)まあ、Mayaでも最近までUnlimitedがそれぐらいしてましたね。

ちなみに今まで使ったことのある3DCGソフト・・・・・・。(括弧内はそのソフトを使用したことのあるプラットフォーム)

  • 3D Studio R3/R4(DOS):レンダリングは確か、レンダーの文字をクリックしてから、レンダリングしたいビューの分割画面をクリックだったかな。
  • AutoCAD Release 12(DOS):endpointとか指定しながら3Dやってたのを思い出します。
  • Blender(Linux、Windows98~):最初に使ったのは公開リリース直後の1998年。2002年にオープンソース化したときにお金払いました。(ソースコードのリストに名前が残ってるはず)
  • AC3D(Linux):これってWindows版も出てますが、Linuxで使ってました。(Windows版は使ったことないかも)これはもともとシェアウェアですが、最近では商用ソフトになってるんですねぇ。当時に比べると高い。(まあできることはその分多いのかもしれませんが。)
  • Pov-ray(Linux、Windows98~):上記と組み合わせて使ってました。
  • Simply 3D(Windows95~Windows98):簡単に使えるソフトでした。ビジネス向けだったと思いますが、レイトレーシングができた。
  • Strata 3D(Windows98):商用ソフトがフリーになった比較的最初の3Dソフトじゃなかったかなぁ。かなり重かった印象。
  • Animation:Master(WindowsXP~):2003年ぐらいに購入、アップグレードも二回したかな。Blenderの方で慣れてきたので、アップグレードは停止中。最近のはFurとかできるようになったらしい。最近のは安定性はどうなのでしょうか。
  • 3DS Max(Windows2000):これは大学で使った。バージョンはなんだったかなぁ。
  • Maya 6/7(WindowsXP):職場で使いました。仕事で使った数少ない3DCGソフトかも。個人的には使い易いと思います。個人で買おうとは思わない値段ですが・・・・・・。

うーん、結構いろいろと使ってるもんですね、我ながら。

*1:当時、Virtual Rolanteという某ゲーム内の某町のなんちゃって仮想空間なページを持っていたこともあるのですが、その画像もこのように作成していました。

季節外れの卒業式 リマスター版 完成

前に作ってからもちょくちょくいじっていたのですが、ミスでデータが消えてしまったので実ははじめから作り直し。

使用ソフトやプロセスから根本的に見直して作っています。


D

Blenderを使用して作っているため、DVD化として焼くこともできますし、その気になればHDクオリティでレンダリングすることも可能です。予定はないけど。

映像自体は実は疑似2Dです。

Scene model used in The Graduation Ceremony Out of the Season (2008 Remaster)

疑似2Dなので絵も3Dの実体を持つ平面であり、またフォントも曲線図形です。

Fonts in The Graduation Ceremony Out of the Season (2008 Remaster)

それらをノードシステムを使用して、フェードイン、フェードアウトなどの効果をかけることにより映像を生成します。

Node Composition used in The Graduation Ceremony Out of the Season (2008 Remaster)

それを最終的にシーケンスエディタを使用し、ノンリニア編集を行いました。

Sequencer Screenshot of The Graduation Ceremony Out of the Season (2008 Remaster)

この方式、特長としては

  • 制作上の自由度が高い(Blenderで使用できる機能は2D的、3D的問わず使用できます。例えばこの映像ではタイトル画面の桜が散るのはフル3D)
  • 出力の自由度が高い
  • 簡易クラスタを使用するとある程度のレンダリング速度向上が行える
  • コンポジション機能が強力

短所としては

  • レンダリング時間が長い(まだ最適化してないので……)
  • 微調整に多少の難がある
  • 凝ったフェードイン、フェードアウトなどにはある程度の設定が必要(まあ、慣れれば簡単ですが)

まあこういう使い方もできる、という例として……。(笑)

ニコニコでみたい方は下記でどうぞ。

陰謀!?

Google ReaderにヒットしていたのがWired Visionニュースの記事、題名は米陸軍「脳内で音声を発生させる技術」ウェブページの謎。リンクをクリックしても分かるように、消えてしまってます。

Yahoo! Newsには残ってた。

このウェブページが存在していたこと自体も奇妙だが、削除されたことはさらに奇妙だ。

いや、奇妙なのは誰か小一時間・・・・・・。

OpenOffice.orgでの正しいキーワードの打ち方

OpenOffice.orgでドキュメント情報を入力することができますが、このキーワードの打ち方には実は正しい方法があるようです。

Correct way of keywording on Ooo

キーワードをコンマ(,)で区切ることにより、ドキュメント内にこれらがちゃんと分けられて保存されます。

<office:document-meta office:version="1.1">
<office:meta>
<meta:generator>
OpenOffice.org/2.4$Win32 OpenOffice.org_project/680m12$Build-9286
</meta:generator>
<dc:title>Example</dc:title>
<dc:subject>Just an example</dc:subject>
<meta:initial-creator>Hideki Saito</meta:initial-creator>
<meta:creation-date>2008-04-13T21:19:17</meta:creation-date>
<dc:creator>Hideki Saito</dc:creator>
<dc:date>2008-04-13T21:22:57</dc:date>
<meta:keyword>example</meta:keyword>
<meta:keyword>document</meta:keyword>
<meta:keyword>test</meta:keyword>
<meta:keyword>experiment</meta:keyword>
<meta:editing-cycles>1</meta:editing-cycles>
<meta:editing-duration>PT3M39S</meta:editing-duration>
<meta:user-defined meta:name="情報 1"/>
<meta:user-defined meta:name="情報 2"/>
<meta:user-defined meta:name="情報 3"/>
<meta:user-defined meta:name="情報 4"/>
<meta:document-statistic meta:table-count="0" meta:image-count="0" meta:object-count="0" meta:page-count="1" meta:paragraph-count="1" meta:word-count="2" meta:character-count="13"/>
</office:meta>
</office:document-meta>

ヘルプにも

キーワード

ドキュメントの内容に対応する索引として使用する単語を入力します。

としか書いていないので注意が必要です、とはいえ、ほとんど利用されていない機能でもあるのですが・・・・・・。

Xbox360のつもりが・・・・・・。

クリスマスプレゼントの包みを解いたら中身はXbox360・・・・・・ところがそれを開けたら・・・・・・。


D

ひでぇ、ひどすぎる

これっていたずらどころか虐待ですよ。家族で寄って集って・・・・・・。

多分この子はその仕打ちを一生忘れないと思います。

このビデオの説明に実はこのビデオはいたずらで、ちゃんと後に本物のXbox360を出したら、という話でそのビデオも後日アップロードすると書いてあるのですが、実はそれも嘘っぱちらしい。

T-mobileの設定をいじる

まず、ネットのオプションプランが安いのがリストされていたので、どういうことだごらぁ、と聞いてみる。

これは問題なく変更してくれました。これで一ヶ月10ドルもセーブできます。

今まで何回か問い合わせてみて、曖昧な答えしか返ってきてなかった電話ネット接続のIPの割り当て*1についてもしばらくほったらかしにしてたのですが、改めてメールで聞いてみる。問題なくできるよ、ということだったので頼んでおく。尚、日本のはどうだか知りませんが、こっちの携帯会社のサポセンって自社のデータサービスについて不勉強な人が非常に多いです。

ちなみにT-mobileのテーザリングでIPの割り当てを受けたい場合は、問い合わせて、T-mobile Total Internet with VPNにしてくれ、と言えば変更してもらえます。

*1:所詮ダイナミックIPなのですが、これがないとNAT接続と同じことになる。普通なら問題ないのですが不便な場合もあるんですよ。

お詫びみたいなもの

いや、先日に書いた「もうすぐ春(なのか?)」はどうやら知り合いによるアクセスが多かったようで。ふと、いろいろ勘違いされたのではないか、と気がつきました。浮いた話はありません、はい。(泣)

TrueCrypt 5.0 in Depth

いくつかのスクリーンショットなどを。

TrueCrypt 5.0

ボリューム作成周りのインターフェースもいろいろと変化しています。

TrueCrypt Volume Creation

システム暗号化関係のダイアログは新しいものです。パスワードはブートローダーで入力するようになっているのですが十分にメモリを積んだシステムでもメモリ不足の表示が出て使用できないなど、相性的な問題もあるようです。(その場合でも最初にチェックを行ってから暗号化作業が行われますので起動不能になることはないのでいいのですが。)

TrueCrypt Whole Drive Encryption

暗号化処理自体はバックグラウンドで行うことができますので暗号化処理中に作業を続けることは可能です。

ただ、この手のドライブ暗号化で心配なのは仕様が変わったときにも大丈夫なのかな、という点ですね。

TrueCrypt 5.0は明日(4日)公開予定

日本では「今日」公開予定なTrueCrypt 5.0の話です。

今回のリリースのハイライトはMac OS X版、WindowsでのPre-boot authorization(つまり起動ドライブそのものを暗号化してしまうわけですね) Linux用のGUI、パラレル化した読み取り・書き込みなどのようです。

ステガノグラフィーを使用した暗号化ボリュームソフト、ごにょごにょなものを持っている方はご利用ください。(もちろん情報漏洩が困るという人も。)