VPNサービスに関するあれこれ

日本国外に住んでいて、GSMや3Gでスマフォを使っている人はかなりセキュリティ強度に問題があるので、VPNのサービスを買うことをおすすめする。スマフォであればVPNに繋がるし、その値段も月々だとコーヒー一杯分程度。PCでも使えるので公共Wi-fiからつなげるのにも使える。(あと、近くのカフェにあるサービスはかなり誤検知が多いパレンタルフィルタかけてるので、それを回避するためにも使ってる……。)

なぜ日本国内だとおすすめ出来ないか、というと、簡単な話、日本にゲートウェイを持っているVPNサービスというのが皆無なので使えないサービスがあるかも、という見地で。(ただ、多くのVPNプロバイダは購入者の国は問わない場合が多い。)

もちろんVPNオペレーターが悪意を持っていれば通信を覗き見ることは可能ではあるけどそれは電話会社でも、Wi-fiのオペレーターも同じなので。(また、特に最近は電話会社に対する政府機関などからの盗聴なども強いため、こちらを信頼するのも危険だったりする。)
最近は一部ISPの6ストライク制度の開始などにより、ログを残さないことをうたっているVPNも急増しているのでそういう口から探すのもいいかもしれない。

個人的にも結構いろいろと吟味したので、VPNの選び方も書いておこう。

1.対応プロトコル
対応しているプロトコルは多いほどいい。PPTPとIPSec/L2TP対応しているところが多いけど、LinuxなユーザはOpenVPNに対応しているところの方がいいかもしれない。(PPTPはセキュリティ的に少し不安があるし、IPSec/L2TPはUbuntuなんかではイマイチ親和性が良くないので。)

2.帯域
もちろん広いほどいいけど、帯域制限があるかどうかが重要。とはいっても敢えてリミットがあると言っているところは少ないけど。

3.同時接続数
最近は複数のデバイスからの接続を許しているVPNプロバイダも多い。スマフォでつなぎながらPCから、という使い方もすることはあるだろうから、2〜3同時接続ができる方が便利。

4.ゲートウェイの数
ゲートウェイの数が少ないと多くのユーザーが特定のゲートウェイに集中することになるので、これは多い方がいい。ただ、あまり広げすぎていて個々のゲートウェイの帯域が狭い、という問題もあるのでその辺りの情報を公開しているプロバイダの方がいい。大抵のVPNプロバイダはいろいろな地域にゲートウェイを持っていることが多いけどこれはお好みで。他の地域のゲートウェイを使いたいという目的がある場合は接続を任意に切り替えることが許容されるかもチェック。

4.ログのポリシー
違法なことをするんじゃないんだからログを気にする必要はない、というのはある意味楽観的で、どのようなポリシーでログを保持して、開示しているのかを調べるのは重要。

基本的にはこの記事にあるようなVPNを調べてみることから始めてみるといいかもしれない。

泥沼のウェブビデオ方式合戦

恐らくはウェブビデオの方式に関しては短期的には収束しない可能性も高い。そのため依然としてFlashを使用したビデオが長らく使用される時代が続くのではないかと思う。

この問題を解決するためには、それぞれのブラウザがどの方式を対応するかではなく、どの方式が共通で対応できるか、という一点が解決されないと延々と続くことになる。

ちなみに現状手っ取り早い解決策としては次の二つが考えられる。

  • H.264を保有するMPEG-LAが特許権の行使を完全に破棄し、その実装や使用を無料とする。
  • 現在TheoraもしくはWebMに対応していない陣営が、このどちらか、もしくは両方に対応する。

実はどちらも難しい、というのもTheora、WebMに対応していない側というのはほとんどがH.264の特許権の行使に関与している側であるからである。そして、H.264側の歩み寄りなしに、Theora、WebM陣営がH.264に対応するのが難しい。これは大きく分けてその実装がオープンソースのイデオロギーに反するといったものと、デコーダーのライセンス料の支払いが(MPEG-LAが恣意的にそれを変更できるという不確定性も含めて)リスクが高く困難であるというものがある。

この問題が解決するのは最悪、特許権が切れた時点、ということも考えられるかもしれない。もっともこれが解決しなくともビデオがウェブ上で見られなくなる、という話にはならないとは思うが。

おまけ:尚、マイクロソフトのエスペラント語の例えは英語を使用するのにライセンス料の支払いを求められる体系になっているのであれば適切であるものの、そうではないため、例えとしては弱いと思う。

Google ChromeがH.264の対応を打ち切りの予定

現バージョン8ではH.264、Theora、WebMのCodecが内蔵されており、これらの方式のビデオが再生できていたが、オープンな方式をサポートする目的でH.264の対応を打ち切るとGoogleが発表した。このうちTheoraとWebM(Googleが買収したOn2の技術、現在はGoogleが所有し、2010年にオープン方式として公開)は特許料が発生しないオープンなフォーマットとして公開されており、H.264は権利管理会社によりMPEG-LAにより特許料などが管理されている。*1

ちなみに対応状況は次の通り。

ブラウザ H.264 Theora WebM 備考
Google Chrome × H.264のサポートはバージョン8時点で有
Mozilla Firefox × WebMはバージョン4より対応
Safari × × WebMには対応しない方針
Internet Explorer × × H.264の対応はバージョン9より。ただしシステムにCodecが導入されていれば非対応のものも使用可能

こう見るとオープンソース陣営の側についただけの話なので。Google的には自然な流れかと思う。

オープンな方式を推進するのが目的であれば次はFlashのサポートを無くすべきなのじゃないかなどと意見も出ている。上記のように現在まだ全ブラウザで共通して対応している方式がないこともあり、HTML5のvideoタグは広く使われていないため、今回のGoogleの決定は短期的には現実的なユーザーへの影響はない。影響があるのはHTML5のvideoタグを使用してビデオを再生する場合においてビデオを再生する場合である。それぞれのブラウザの対応するビデオ方式の違いによりウェブの断片化を促すという意見もあるが、前述のようにすでにFirefox陣営とSafariやIEなど、すでに分裂状態にあるためこの判断でGoogleが特別に非難される理由はない。

尚、Flashの同梱とビデオCodecの互換性併せて議論されている部分があるが、ビデオCodecのサポートは異質なものである。なぜならFlashは現状広く使われている技術であるのと同時に、現状HTML5などでカバーされていない部分を補う要素があるのに対して、ビデオ方式はただ単にビデオがどのようにエンコードされているかの違いである。特にブラウザ間でどの方式をサポートするかのコンセンサスが成り立っていない以上、GoogleがWebMを推進することで非難されるのであれば、マイクロソフトとAppleも自身が関与している方式を推進している時点で同罪であり、同じく非難されるべきである。

HTML5ビデオの今後はどのようになるのか興味深いところではあるが、現時点で特に大騒ぎするようなことではないのではないかと思う。

*1:尚、非商用の利用に関しては現在のライセンス期間中(5年毎に改定される)は使用料の徴収をしないとの声明が2010年になされている。

オススメGoogle Chrome拡張

自分用のメモを兼ねて、なんとなくいつも使っているお勧めの拡張なんかをリストしてみる。

名称 Chrome OS対応 説明
Autopagenize Google検索結果や複数のページの記事を自動読み込みしてくれる拡張。
Chromed Bird Twitterクライアント。シンプルながらも高機能。
Lastpass Lastpassと連携して動く拡張。Chrome OSでは他環境のバイナリ機能付きのものは動作しないのでChrome Web Storeからダウンロードする必要がある。
Clip to Evernote Evernoteにクリップするための拡張。
Facebook for Google Chrome Facebookの通知などを表示。
Pinboard Pinboardにリンクを追加したり検索したりするための拡張。
Google Chrome to Phone Extension Android携帯に閲覧中のページを送信する拡張。
Tweetdeck 拡張機能ではなくてアプリケーション。TweetDeckのChrome版。普通の使用には使いにくいので上記のChromed Birdとの併用がお勧め。
Google SSL Web Search 内蔵の検索エンジンのプリセットにSSL経由での検索を加える拡張。
Screen Capture × ページのスクリーンショットを取るための拡張。プラグインが必要なのでChrome OSでは非対応。

Google Cloud PrintとChrome OS

Chrome OSはその方式上、プリンタのドライバなどを持っていないのですが、そうするとどのように印刷するかというとGoogle Cloud Printという方式を使うようになっています。これはクラウドを介してプリンタに印刷命令を送る方式で、方式的にはPDFを印刷命令とともにプリンタに送るような形になります。将来的にはGoogle Cloud Printのネイティブ対応をGoogleは提言していますが、現在はそのようなものは市販されていないため、Google Chromeに付属するクラウド印刷プロクシ、と呼ばれるプログラムを介してGoogle Cloud Printを介した印刷を行うことになります。

今回そのビデオ撮影をしてみました。


D

この手の紹介ビデオには慣れていないので拙いですが……。

Chrome OSノート「CR-48」ファーストインプレッション

Chrome OSノートである「CR-48」が到着。

CR-48 Box

こういう箱に入って届きました。CR-48の本体写真などは他の人が各所にアップしているのでググッてください。(笑)

基本的に起動してから使用環境に入るまでは非常に早くデスクトップ用のGoogleで使用している拡張機能などの環境があっという間に同期されました。

Blank screen

一つ予想外だったのは日本語が問題なく使用できること。

Japanese Input System for Chrome OS

Google日本語入力はまさにこのために開発がされていたわけですので、もちろんある程度は予想範囲内でしたが、それでもアウトオブボックスで多言語が扱えるようになっているのは予想外でした。

Google日本語入力のオープンソース版であるmozcは現在WindowsやMac向けに公開されているものとは内容が違うそう(取り外されている部分)があるとの事ですがCR-48に入っているのはそういったものが入っているのかはまだ検証していません。そのうち検証してみます。

しばらく使ってみて、割り切ったシステムですがちょっとした出張などであればこれで十分いけそうです。オプションの3G体系も2年間は毎月100MBまで無料。いくつかのプランが用意されていましたがいいと思ったのは9.99ドルのデイパスプランがあったこと。出先でどうしても必要、という場合には便利そうです。とはいえ、ネットが必要であればスタバ行ったり、Boingo対応のアクセスポイントに行けば事足りるわけですが。

Chrome OS上のGoogle日本語入力について

恐らく入っているのはWindows/Mac坂同等のものだと考えられます。ブログでオープンソース版mozcで取り外された機能として郵便番号の変換とカタカナからアルファベットへの変換がどちらも機能しているので。