カテゴリー
hClippr

ニュース報道とソーシャルメディア

この週末、ここから一時間程度離れた、Parklandという町のコーヒーショップで警官四人が殺害されるという事件がありました。

事件自体、非常に痛ましい事件であったわけですが、それと同時におそらく今までにもあまり類を見ないほどソーシャルメディアが使用された事件であったかもしれません。

警官が殺害され、犯人は逃走。地域メディアはまもなく、そのニュースをTwitterにも流し始めました。特に該当する地域にいる人たちに外出を控え、戸締まりをしっかりするようにする、というような警戒から、捜査の進展など、各メディアは一晩中流し続けたため、Twitterのタイムラインを追いかけることで、新聞やテレビなどの記事に匹敵する情報量がもたらされていました。(個人的にも地域メディアをリストで追いかけていました。)

特に、Seattle Timesの取り上げ方は秀逸であり、Retweetを大いに利用し、現場記者からTwitterで流される情報が刻々とretweetされてきており、関係するものをSeattle Timesが拾い上げる、という形で行われていました。

尚、Seattle Timesはその他にもGoogle Waveでも事件の情報の共有を開始し、400人以上の人が事件に関して意見を述べていました。(Seattle Timesももちろんこれが実用として使っているわけではなく、あくまでも試験的に行ったとのことですが、予想通り、その負荷からほとんど作動しなくなるということになってしまいました。)

最終的にこの事件の犯人は発見現場で射殺され、共謀したその家族や友人などが逮捕されるある意味予想されていながらも最悪な結果となりましたがニュース媒体としてのソーシャルメディアの利用など、可能性が大きく見られた事件となりました。

尚、犯人はアーカンソー州で重罪を起こしたものの、刑期満了の6年前に釈放されており、また、ワシントン州でも犯罪を犯した上、大金で支払えないと考えられ設定された保釈金(19万ドル)を家を抵当に支払い、釈放されたという経緯があり、本来なら釈放されるべきではないものが釈放された結果として起こったという原因も強いものであり、防ぐことができたのではないかと思われる事件でした。

カテゴリー
hClippr

時計としても活用中(笑)

オフィスに誰かいるときはさすがに・・・・・・なので、一人だけの時限定(笑)

一応時間表示とか時報とかしてくれるので意外に便利だったり。

Using ’Love Plus’ as desktop clock

時々話しかけてきますが。(笑)

ラブプラス

カテゴリー
hClippr

ラブプラス


D

プレイしてますが、すごいな、これ。

ラブプラス

カテゴリー
hClippr

射撃

祖父が来ていて撃ちたいということで行ってきました。

CIMG6313

撃ったのはRuger .22、Smith & Wesson M&P 9mm、.22 レボルバー(途中で交換してもらったので、名前は失念、多分Smith & Wesson製のModel 617・・・・・・10発入る分です)で、先週の金曜日と今日二回行ったのですが消費した弾薬は.22 LR弾400発、9mm弾50発となりました。


D

祖父は6年前にここに来たときに撃ったことがあるのですが、母も初挑戦しましたが、あまりなじめなかったようです。

カテゴリー
hClippr

TechNet Plus Direct

なんだかんだいって、結構IT系のサポートをする場合が多いので、最新のOSとかMS Officeとかも評価しておかねば、ということで、TechNet Plus Directに加入してみました。

早速Windows 7をインストール。

クリーンインストールだったせいか、かなり速くインストールが完了しました。

クーポンコードを使ったので、初年は260ドル程度で、更新が240ドル程度。

数字的には結構な値段のように感じますが、「評価目的」という制限がありますが、製品版と同様のほとんどのMS製品が無期限に評価できるので、かなりお得だったりします。

カテゴリー
hClippr

Hideki SaitoのFacebookページ

Facebookのコミュニティ機能としては、グループとFacebookページの二つの種類があるのですがFacebookページの作成条件に以下のようなものがあります。

Facebookページの対象となっている人物または団体の正式な代理人のみがFacebookページを管理できます。

つまり位置づけはグループはファンクラブみたいなもので、Facebookページは公式ページみたいなものになります。(もっともFacebookページでもファンページ的なのがありますが、これは厳密には規約違反。いつ消去されても文句は言えません。)

ということは、ミュージシャン(笑)としてのHideki Saitoは自分で作るしかない、ということで。作りました。これが本当の自作自演自画自賛です。(笑)

音楽再生機能は身分証明書の照合が必要だそうなので、二日ぐらいかかる見込みです。

グループでファンクラブができるほどになりたいと思います。(多分無理)

Hideki Saito’s Fan

カテゴリー
hClippr

GNU Privacy Guard講座をFacebook Connect対応に

最近細々といろいろアップデートしているGNU Privacy Guard講座ですが、今日の更新で、Facebook Connectに対応しました。

何ができるのか、というと現状はFacebook謹製のファンボックスを使用して専用ページから更新を取り出してくるだけですが、一応Facebook Connectが使えるような対応をサイト全体にしているので、あとはアイデアと気力次第でいろいろとできます。

Facebookに入っていなくともファンボックスの情報も読めますので、その点はご安心を。

Facebookのメンバーになってファンになっていただくとさらに活用が可能です。

カテゴリー
hClippr

仲良しマイミク・インフォグラフィック

仲良しマイミク

mixiの新しい機能「仲良しマイミク」の風刺。

出来心です。(笑)

カテゴリー
hClippr

マリナーズ試合観戦

昨日はSafeco Fieldまでマリナーズの試合を見に行ってました。

プライベートスイート席。

This is where I’m at now

接戦とは行かなくともなかなかのいい試合でした。イチローが故障のため出場しなかったのは残念でしたが、マリナーズの勝利。

行き帰りはバスで行ったのですが、ORCAカードは作動しなかった。行きも帰りも残高不足の表示。

Orca Card

チャージしてから時間がまだそんなに経ってなかったのが悪かったのかな、と思ったのですが、バスの運ちゃん曰く、残高はすぐに反映されるはずだとのこと。請求されてないか明細もちゃんとチェックしておいた方がいいとも言ってたな。

というか、週末から機能にかけてからのシステムダウンといい、システムとしてまだまだ未成熟な感じがしますね。まあ、とりあえず10ドルの残高があるわけで、これで時々シアトルにでも出て、遊び回ったり、飲みまわったりするのも悪くないかもしれません。(笑)

カテゴリー
hClippr

ORCA Card

注文(というか年内だと無料なんですが・・・・・・それ以降は通常一枚あたり5ドル)していたORCA Cardが到着。(というか、注文フォームで混乱したので、個人登録済みカードと、無登録カードと二枚届いた。)ORCAはOne Regional Card for Allの略らしい。なんかこじつけっぽい。

Orca Card

要はSuicaみたいなNFC方式なカードなわけですが、プリペイドなカードです。クレジットカードなどではすでにありますが、交通機関では珍しいかも。

バスはあまり乗らないのですが、来週使う予定がありそうなので、早速利用してみます。(でも最低チャージ額が5ドルなんだよなぁ・・・・・・)これで買い物とかもできるようになったら便利なのですが。

というか、財布の中に会社のキーカード、Suica(なぜか入ってる)、それとこのORCAカードが一緒に入るのですが大丈夫なんだろうか。(笑)

追記

ORCAはMIFARE DESFire方式(SuicaはFelica方式)でそもそも方式が違うので重なっていても多分大丈夫。