フリーランスとGmail

フリーランスは名刺に「Gmailのアドレス」を刷らない方がいい?

ドメインを取ってするというのはここに書かれている以上の経費がかかってしまったりする。Googleのサービスだけならいいけどそれプラスドメイン維持費や下手にドメインを取ってしまうとそれに対応するウェブページなんかも考えないといけなくなってくる。(業種にもよりますけど、特に初出のアドレスであれば、そのドメインのウェブページを表示ぐらいはしたりします。)

自分の名前を使ってフリーランスをやっているのであればOKだけど、そこで何らかの屋号を使っててやってるのであればある意味疑わしいのでやめたほうがいいと思う。一度会ったりしているのであればまだしも、特に初回に屋号を名乗りながらもアドレスがGmailだと、(例えその実体がフリーランスであってもそう認識できずに)どういう会社だと思ってしまうことは多いので。

左利きの記者と首相官邸

日本の首相官邸の公式サイトにはバーチャルツアーがあって、中の様子が紹介されているのだが、そこの記者会見室であることに気がつく。

首相官邸の記者会見室。首相官邸公式サイトバーチャルツアーより
首相官邸の記者会見室。首相官邸公式サイトバーチャルツアーより

何が不思議か、というとこの机付きの椅子。普通の椅子じゃないか、と思われるかもしれないが、これ、左利きにはとても使えない代物。

この机見て、高校時代を思い出した。米国の高校ではこの手の椅子はかなり普通に使われているのだが大抵は座っている生徒の前面に机のスペースがあるタイプで、利き腕の支えがない分、使いにくいのは確かだけど、少なくとも筆記するのは問題がなかった。上の記者会見室にあるようなタイプの場合、座っている人から見て右半分にしか筆記スペースがないため、左利きにはまず普通の使用は無理。無理に使用しようとしても少なくとも普通に座りながらでは困難。

実際に、高校ではこのタイプの椅子が入っている教室では左利き用の席として普通の椅子と机がちゃんと用意されていた。

首相官邸では左利きの記者はどうしているのだろうか。どこかに左利きの記者に配慮した机があったりするのだろうか……。