Clannad英語版の特徴

そういえば、Clannad英語版の本編、まだ詳細を書いてなかったかも。
Clannad英語版タイトル画面
基本的にはClannad Fullvoiceが英語になっているものです。
メニュー項目で増えているのは「Dangopedia」と「Achivements」(実績)ですね。(ゲーム機版には実績機能はあるのかも知れませんが……。)
Clannad実績
この画面はSteam版のものなので、Steamの実績と連動しています。Dangopediaは本編と連動した機能で、文中に出てくる単語を解説してくれる機能です。
Clannad単語ハイライト
例えば、この画面では「anpan」という単語が赤くハイライトされています。これはDangopediaに当該項目があることを意味しています。
Clannad Dangopedia
例えば、この場合、anpan(あんぱん)に関して、Dangopediaに上記のような形で解説されています。
ちなみに英語版においては、三点、向上している点があります。
一点目は画面のアセットがHD版になっている、という点。
Clannad画面サイズ
上の画面サイズは1680×1050ですが、そのサイズに比べても内容が高解像度で表示されていることがわかります。(この画面写真はWINEで動作させているものなので、実際にネイティブ環境で動かしている場合は一部表示が異なる場合があります。もちろん、WINEでの動作は公式のサポート外です……。普通には動くのですが、ムービーの再生などに難があるので、一般人の人は普通にWindowsで動かしましょう……。)
二点目は、音楽がリファインされている点。こちらは違いは微妙だったりするのですが、印象が異なっている曲はあります。
三点目はDRMがなくなっている点。プレイするのにディスクを入れる必要がありません。ちなみにSteam版ではSteamクラウドに対応しているようで、セーブデータはオンライン保存ができるようになっています。
と、まあ、各種メッセージ等は英語ですが、声なんかは普通に日本語ですので。Sekai Project版ではプラネタリアンなんかは日本語も設定できるようにしてくれていますが、これがClannadに踏襲されるかは分かりません。(Dangopediaなど、独自作成部分が多いから難しいかな……Steam上で表示される実績は日本語ですが。)

Clannad英語版(ディスク版)開封の儀みたいなもの

本記事においてサウンドトラックに関する更新を行いました。

今日、この大きな箱が到着。
Sekai Projectより到着した箱
結構大きい……。ゆのさんと比べるとこんな感じ。
ゆのと大きさを比較
開封の儀みたいなものをやってみます。
開封
中は大きくともまあ、ほとんどが緩衝材です。
内容
内容的にはTierとして指定したものではなくて、デジタル版・ディスク版セットの上にいろいろとアドオンを追加したりしたものです。尚、プロジェクト自体はまだ続いている部分があるので、これは完全な発送ではないようです。

このボックス内の内容は:

  • Clannad英語版本体
  • ミニ色紙セット
  • オリジナルサウンドトラック
  • タペストリー

ミニ色紙セットは、箱の絵、実は持ってたりする画集の表紙の絵、もう一つは多分描き下ろしになっています。
Clannad英語版ボックス
ゲーム本体は特別な箱に入っています。
Clannad英語版ボックス裏面
裏はこんな感じ。
Kickstarterシリアル番号
シリアル番号が打ち込まれていて、自分のは920でした。自分のバッカー番号が1424だったので、もしこれが同じ基準であるとすれば、ディスク版を追加したのは65%ぐらいなのかも。ただし、1400番台ということで、結構熱心なファンが多い頃合いだったかも知れないので、このあたりは完全に憶測の域を出ません。そもそもこの番号が対応しているのかもわからないので。この箱に関してはもう少しあとで。
Clannad OST
サウンドトラックは日本で2014年に販売されたKSLA-0012〜14です。と考えると、ゲーム内の音楽はリファインされているということですので、実はこのサウンドトラックの一部はゲーム内のものと異なる、ということですね。

2016年9月29日更新:Sekai Projectによると新バージョンのサウンドトラックは提供されるとのことですが、デジタル版のサウンドトラックを選択した人のみに提供されるとのことです。これはデジタル版にこのような「特典」が付くことが出資(Kickstarterの場合、資本関係に入るわけではないので、事実上の「予約販売」です)前に知らさせな商品価値を不当に誤認させる不当な対応です。本件について、Sekai Project側は日本側の判断であるとのことですので、Visual Art’sに9月27日に問い合わせていますが、9月29日現在、未回答となっています。

ゲームの箱に移ります。
Clannadガイドブック
箱を開けるとまず入っているのがオフィシャルガイドブック。紙質も内容もなかなかしっかりしています。
Kickstarterバッカーリスト
Kickstarterのバッカーのリストがあるのですが、アルファベット順でもなく、自分を探し出すのに20分ぐらいかかりました。どんな順番になっているのかは不明。
Clannad英語版ディスク
その下に入っているのが英語版ディスク。ちなみにDRMはかかっていない(はず)です。
Clannad MABINOGI
その下に入っているのはアレンジサウンドトラックのMABINOGI。これは確か日本でも初回版以後は入ってなく、別売りもなかったと思うので新品としては実はかなり貴重なのかも知れません。
Clannadタペストリー
最後にタペストリ。こちらは箱の絵と同じです。
ということで、開封の儀(みたいなもの)でした。WINE立ち上げてプレイせねば。