LINEのLetter Sealingその後

以前、これまで、LINEのE2EE実装「Letter Sealing」初見LINEのLetter Sealingに関するフォローアップと2回に渡り、LINEのE2EE実装である、Letter Sealing機能に関して取り上げてきたわけですが、以前にも増してメッセンジャーにおけるE2EEが一般的になってきました。以前はE2EEを実装したメッセンジャーアプリはSignalTelegramぐらいしかなかったのですが、今ではFacebook傘下のWhatsappにもSignalと同じ方式のものが実装されましたし、また、Facebook MessengerもまもなくE2EEが実装されるようです。他にもGoogleもビデオチャットアプリであるDuoはE2EEを使用している他、また今後リリース予定のメッセンジャーAlloにもE2EEの実装が予定されているようです。

さて、最近、LINEのEnginners’ Blogにおいてメッセージの安全性のさらなる強化:Letter Sealingの適用拡大という記事が公開されました。内容的にはLetter Sealing機能が更新され、デフォルトでE2EEが有効となり、また、音声やビデオ通話、及びグループチャットにE2EEが使用できるようになった、ということです。

今回の更新で、以前、指摘した、暗号化されているかどうかがわかりにくい、という問題が解決したと思われます。ただ、今回の更新で、暗号化されているのがわかるようになったのですが、以前の記事で「現時点では、Letter Sealingはテキストメッセージと位置情報に対してのみ適用されます。」となっていますが、これが現在どのような実装になっているのかが気になるところです。(今回の記事でこちらの件に関しての言及はなかった。)もし、引き続き、Letter Sealingが「テキストメッセージと位置情報の対してのみ」行われているのであれば、こちらは錯誤を招く表示になってしまいますので、こちらは「何が暗号化されるのか」の詳細を知らせて欲しいところです。

次に、せっかくE2EEを実装しているのだから、もっとアピールしてもらいたいところです。現在、定点観測できるいくつかのトークグループがありますが、半分程度、この機能が有効になっていないグループがあり、そのほとんどが恐らくアプリの更新を怠っているのが原因であると考えます。LINEのユーザーは特にユーザー層が広く、技術的リテラシーにばらつきがあり、こちらは更新を促す施策を是非考えて欲しいところです。