Clannad英語版の特徴

そういえば、Clannad英語版の本編、まだ詳細を書いてなかったかも。
Clannad英語版タイトル画面
基本的にはClannad Fullvoiceが英語になっているものです。
メニュー項目で増えているのは「Dangopedia」と「Achivements」(実績)ですね。(ゲーム機版には実績機能はあるのかも知れませんが……。)
Clannad実績
この画面はSteam版のものなので、Steamの実績と連動しています。Dangopediaは本編と連動した機能で、文中に出てくる単語を解説してくれる機能です。
Clannad単語ハイライト
例えば、この画面では「anpan」という単語が赤くハイライトされています。これはDangopediaに当該項目があることを意味しています。
Clannad Dangopedia
例えば、この場合、anpan(あんぱん)に関して、Dangopediaに上記のような形で解説されています。
ちなみに英語版においては、三点、向上している点があります。
一点目は画面のアセットがHD版になっている、という点。
Clannad画面サイズ
上の画面サイズは1680×1050ですが、そのサイズに比べても内容が高解像度で表示されていることがわかります。(この画面写真はWINEで動作させているものなので、実際にネイティブ環境で動かしている場合は一部表示が異なる場合があります。もちろん、WINEでの動作は公式のサポート外です……。普通には動くのですが、ムービーの再生などに難があるので、一般人の人は普通にWindowsで動かしましょう……。)
二点目は、音楽がリファインされている点。こちらは違いは微妙だったりするのですが、印象が異なっている曲はあります。
三点目はDRMがなくなっている点。プレイするのにディスクを入れる必要がありません。ちなみにSteam版ではSteamクラウドに対応しているようで、セーブデータはオンライン保存ができるようになっています。
と、まあ、各種メッセージ等は英語ですが、声なんかは普通に日本語ですので。Sekai Project版ではプラネタリアンなんかは日本語も設定できるようにしてくれていますが、これがClannadに踏襲されるかは分かりません。(Dangopediaなど、独自作成部分が多いから難しいかな……Steam上で表示される実績は日本語ですが。)