BitTorrent Sync

BitTorrent SyncみたいなP2P型のファイル同期システムって、AeroFSや、Tonidoなど、いろいろと同じようなコンセプトのサービスがあるのだが、BitTorrent Syncで注目したいのはアカウント登録がいらないこと。(ここはやっぱりBitTorrentで培ってきた技術があるのか。)他のサービスの場合、まずはアカウントを作ってそのログイン情報でログインして使う必要がある。P2Pなのにアカウント登録が必要ってのがなんだかな、という感じ。その点BitTorrent Syncでは共有に対する鍵を渡すだけで同期ができる。ちなみにRBU7XLPET43IWGFSLNJEGREIOZI6V4YE2を登録すると自家製Emacs(Windows版及びMac版+ソースコード)が流れてきますので試したい人はどうぞ。(読み取り専用なので勝手に誰かがファイルを加えたり変更はできません。)

フリーランスとGmail

フリーランスは名刺に「Gmailのアドレス」を刷らない方がいい?

ドメインを取ってするというのはここに書かれている以上の経費がかかってしまったりする。Googleのサービスだけならいいけどそれプラスドメイン維持費や下手にドメインを取ってしまうとそれに対応するウェブページなんかも考えないといけなくなってくる。(業種にもよりますけど、特に初出のアドレスであれば、そのドメインのウェブページを表示ぐらいはしたりします。)

自分の名前を使ってフリーランスをやっているのであればOKだけど、そこで何らかの屋号を使っててやってるのであればある意味疑わしいのでやめたほうがいいと思う。一度会ったりしているのであればまだしも、特に初回に屋号を名乗りながらもアドレスがGmailだと、(例えその実体がフリーランスであってもそう認識できずに)どういう会社だと思ってしまうことは多いので。

Xfire Laser Lane入手

Xfire Laser Laneを入手したけど、このDahonだと、サドルポストが太すぎて取り付けができない。取り敢えずはハンドルポストにつけてみる。取り敢えずは下方向にレーザーが打てれば問題がないのでしばらくこれでいってみる。(一応これ、後部のランプも兼ねてるけどそれは別に取り付けてあるので実用上の問題はないと思われる。)

wpid-IMG_20130417_2000531wpid-IMG_20130417_200037.jpgwpid-IMG_20130417_200539.jpgwpid-IMG_20130417_200100.jpg

自営WordPressでのアクティビティ

最近、自営Wordpressのアクティビティを上げているのは各種ソーシャルサイトのポリシーに対するヘッジもあるのだがJetpackなどの機能が充実してきているのと、APIを使用するモバイルクライアントの出来がなかなかいいのが大きな理由でもある。

今期新アニメ視聴状況 その1

今期新アニメ視聴状況 その1

這いよれ!ニャル子さんW
1~2話視聴完了。継続予定。前期を見ていた流れもあってこれは見る。

ゆゆ式
1~2話視聴完了。こういうのは好きなので継続予定。

波打際のむろみさん
1話視聴完了。正直微妙なのだが……。OPが楽しいので取り敢えず継続。OPはどこか特徴のある節と歌詞だなと思ったらやはりあのお二方でした。

左利きの記者と首相官邸

日本の首相官邸の公式サイトにはバーチャルツアーがあって、中の様子が紹介されているのだが、そこの記者会見室であることに気がつく。

首相官邸の記者会見室。首相官邸公式サイトバーチャルツアーより
首相官邸の記者会見室。首相官邸公式サイトバーチャルツアーより

何が不思議か、というとこの机付きの椅子。普通の椅子じゃないか、と思われるかもしれないが、これ、左利きにはとても使えない代物。

この机見て、高校時代を思い出した。米国の高校ではこの手の椅子はかなり普通に使われているのだが大抵は座っている生徒の前面に机のスペースがあるタイプで、利き腕の支えがない分、使いにくいのは確かだけど、少なくとも筆記するのは問題がなかった。上の記者会見室にあるようなタイプの場合、座っている人から見て右半分にしか筆記スペースがないため、左利きにはまず普通の使用は無理。無理に使用しようとしても少なくとも普通に座りながらでは困難。

実際に、高校ではこのタイプの椅子が入っている教室では左利き用の席として普通の椅子と机がちゃんと用意されていた。

首相官邸では左利きの記者はどうしているのだろうか。どこかに左利きの記者に配慮した机があったりするのだろうか……。

Emacsカスタムスプラッシュの設定方法

これまで何回かスクリーンショットを載せたことのある、このEmacsの画面、設定の仕方の問い合わせが何回かあったのでここに掲載しておきます。(Emacsの内蔵機能です。)

emacs-homebrew

 

まずは適当な画像を用意します。恐らく表示できる範囲のものであればどんなサイズの画像でもOKかと思います。ちなみにデフォルトの画像は270×217なので、これに合わせるのがいいかも知れません。ファイル形式はEmacsが対応する画像(どのようにコンパイルされたかによって異なる)のですが通常はXPMが無難かもしれません。

次にM-x customizeで設定画面に入ります。

customize

Searchの項目にfancy splashと検索すると、通常、一つの項目が出てくると思います。通常はDefaultとなっていると思いますが、これをFileに変更し、出てくるFileボックスに先ほど準備した画像のファイル名をフルパスで指定し、設定を保存します。

fancyset

これでC-h C-aを表示するとスプラッシュ画像が設定されているはずです。