Google ChromeがH.264の対応を打ち切りの予定

現バージョン8ではH.264、Theora、WebMのCodecが内蔵されており、これらの方式のビデオが再生できていたが、オープンな方式をサポートする目的でH.264の対応を打ち切るとGoogleが発表した。このうちTheoraとWebM(Googleが買収したOn2の技術、現在はGoogleが所有し、2010年にオープン方式として公開)は特許料が発生しないオープンなフォーマットとして公開されており、H.264は権利管理会社によりMPEG-LAにより特許料などが管理されている。*1

ちなみに対応状況は次の通り。

ブラウザ H.264 Theora WebM 備考
Google Chrome × H.264のサポートはバージョン8時点で有
Mozilla Firefox × WebMはバージョン4より対応
Safari × × WebMには対応しない方針
Internet Explorer × × H.264の対応はバージョン9より。ただしシステムにCodecが導入されていれば非対応のものも使用可能

こう見るとオープンソース陣営の側についただけの話なので。Google的には自然な流れかと思う。

オープンな方式を推進するのが目的であれば次はFlashのサポートを無くすべきなのじゃないかなどと意見も出ている。上記のように現在まだ全ブラウザで共通して対応している方式がないこともあり、HTML5のvideoタグは広く使われていないため、今回のGoogleの決定は短期的には現実的なユーザーへの影響はない。影響があるのはHTML5のvideoタグを使用してビデオを再生する場合においてビデオを再生する場合である。それぞれのブラウザの対応するビデオ方式の違いによりウェブの断片化を促すという意見もあるが、前述のようにすでにFirefox陣営とSafariやIEなど、すでに分裂状態にあるためこの判断でGoogleが特別に非難される理由はない。

尚、Flashの同梱とビデオCodecの互換性併せて議論されている部分があるが、ビデオCodecのサポートは異質なものである。なぜならFlashは現状広く使われている技術であるのと同時に、現状HTML5などでカバーされていない部分を補う要素があるのに対して、ビデオ方式はただ単にビデオがどのようにエンコードされているかの違いである。特にブラウザ間でどの方式をサポートするかのコンセンサスが成り立っていない以上、GoogleがWebMを推進することで非難されるのであれば、マイクロソフトとAppleも自身が関与している方式を推進している時点で同罪であり、同じく非難されるべきである。

HTML5ビデオの今後はどのようになるのか興味深いところではあるが、現時点で特に大騒ぎするようなことではないのではないかと思う。

*1:尚、非商用の利用に関しては現在のライセンス期間中(5年毎に改定される)は使用料の徴収をしないとの声明が2010年になされている。