Freenetでのファイルのアップロードの方法

最近世の中いろいろと不穏な空気が流れていますので・・・・・・。

Freenetのダウンロードとインストールのガイドです。以前の記事も参考にしてください。

ダウンロード

FreenetはFreenetの公式ページからダウンロードできます。インストーラー形式になっていますので普通のアプリをインストールする手順で大丈夫です。終わるとブラウザが起動します。

初回起動

ブラウザで表示される初回の設定では三種類のセキュリティレベルを設定する必要があります。「他人からの攻撃に対する防御」「友達よりの攻撃に対する防御」「コンピューターが押収された場合や盗難された場合の防御」というのがあります。通常の場合は全てNORMALで問題がありませんが場合によっては三番目のものは「High(高)」「Highest(最高)」にしておいた方がいいかもしれません。(Highの場合は起動ごとにここで設定するパスワードが必要になります。Highestの場合はそもそも設定等が保存されませんので毎回初回起動したのと同じ状況になります。)

アップロード

完了するとBrowse Freenetと題されたページに行きます。この上の方にあるFilesharingという項目にマウスオーバーするとポップアップメニューが表示されます。

Filesharing Menu

そこでUpload a fileを選択して下さい。

チェックボックスが2つ並んでいますのでInsert a random, safe keyを選択します。ここでUpload a file from disk:の横のボタンではなく、その下の方にあるOr upload a file through the browser (SLOW):の右のボタンを押して下さい。その後、その右のInsert Fileを押します。

Uploading a file

すぐにアップロードが開始されます。ファイルが大きい場合、時間がかかります。

Uploading

完了するとCompleted Uploadというところにファイル名が表示されます。この横のSSKで始まるものがファイルのキーとなります。

Upload Complete

例えば今回のテストの場合

http://localhost:8888/SSK@Y02g5XYy067cqRqwaaNuFscM26EcZmFwErCUKUgMGO4,POYEwyk22HsrbEfpR5b022NZBWiaKprWo7VzSLc~m2c,AQACAAE/testfile.txt

となります。

この鍵を頒布することによりそのファイルにFreenetを介してアクセスすることができるようになります。アップロードは切断してもかまいません。

米国で政府によって復号不可の暗号が使用禁止に?

New York Timesの記事U.S. Tries to Make It Easier to Wiretap the Internetによると米国で来年にも政府が盗聴不可能な暗号の使用を禁止し、暗号製品にバックドアの設定を義務づける法案がオバマ政権により準備されているというニュースが取り上げられています。Wiredの記事FBI Drive for Encryption Backdoors Is Déjà Vu for Security Expertsに、より詳しい解説や暗号研究者の意見などが載っています。

基本的には1990年代に米国政府が行ったことの繰り返しなわけですが、当時でさえ問題にされ、結局は破棄されたコンセプトですが、特に現在の社会において暗号は基盤として重要な役目を担っており(そうでないとネットで買い物なんかできないです)時代に逆行する動きであることは確かです。バックドアが必要とされることによりイノベーションが阻害され(Skypeなんてものは存在できなくなるでしょう)、またそのバックドア自体が悪用され、セキュリティリスクとなる可能性すら出てきます。

来年の話ということで、まだ詳細さえ出てないようですが、この種類の法案に個人的には断固反対します。

じゃんくそシティがついに復活?

Frostのシアトル掲示板に久しぶりにメッセージが入ってきたので見てみました。

件名は「じゃんくそシティ on Freenetのお知らせ」・・・・・・と、おお、復活するんかい。(前に「ジャンクソシティみたいなものか」とここでも書いたのに触発されたのかどうかは知りませんが。

メッセージの内容を見てみると・・・・・・。

じゃんくそシティは昔掲示板として存在していましたが、今回情報サイトとしてFreesiteを設置しました。

数々の「政治的」なアジェンダに関係なく日本人コミュニティ向けに情報を提供していくニュース集約型サービスとします。

取材等は独自に行う他、情報提供などはFMS内のjp.seattleでも受け付けています。

フリーサイトのアドレスは以下の通りです。

USK@pPhQN5gy13XgfimxtCT0N535zcJWj4yGWihLehysFz4,dR0INWMPELVd7kptVxbpp~rqzBP1F3FlgInw3WvU3b8,AQACAAE/jankuso-central/1/index.html

今後ともよろしくお願いいたします。

よろしくお願いいたします。

ということです。

というか、シアトル在住の日本人でFreenet使っている人はどのくらいいるんだろう、と思ったり。

のぞいてみると掲示板じゃなくてニュースサイトみたいな仕様。早速「日本食レストラン衛生評価」なるものが。ちゃんと客観的な情報で元をとっているようなので、それなりに独自路線でいっているのね。サイト自体はCreative Commonsで出しているのが新しい。(笑)

ちなみにアクセスの方法ですが、デフォルトで設定している人はここから。

まあ、とりあえず、シアトル日本人コミュニティの根底に広がる暗い闇を垣間見た感じです。

GnuPGでランダムなパスワードを生成する方法

GnuPGは乱数を使用しているため、その乱数を取り出す方法があります。

gpg --gen-random 2 128 | gpg --print-md sha1

とすると128バイトの乱数からSHA1を生成します。

生成されるのは全て大文字ですのでこれをベースにいくつか記号に置き換えたり、大文字小文字に入れ替えると強いパスワードが生成できます。

もう一つの方法としては

gpg --gen-random 2 128 | gpg --enarmor

とすると128バイトの乱数をアスキー変換したものを得ることができます。こちらの場合は大文字、小文字、記号が入り交じっているため、より便利かもしれません。

他に手軽な方法で高い質のランダムパスワードを生成する方法としてはStrong Password Generatorを使う方法もあります。

OpenPGP on SNS Experiment参加方法

OpenPGPをSNSで使用する実験ですが参加したい方は以下の方法で参加してください。

「参加」とはいってもあくまでもストラクチャーのない実験ですので、それぞれが最良の運用方法や模索をしてもらえれば、と思います。以下はあくまでも「斉藤英樹」が公開する保護された記事を読むための手法です。

登録方法

  1. SNS専用の公開鍵を作成する。公開鍵にはSNS上で認知されている名前を入れてください。メールアドレスは空欄でもOKです。コメントに「SNS Key」などとつけるのをおすすめします。また、名前はローマ字表記をおすすめします。
  2. そのメッセージを以下の公開鍵に対して暗号化、署名の上、お送りください。(インライン形式でUTF-8でお願いします。保護された記事に関してはUTF-8で記述していますのでこのステップが不可能であれば例え登録したとしても読むことができません。)
-----BEGIN PGP PUBLIC KEY BLOCK-----
Version: GnuPG v2.0.16 (MingW32)
mQENBEySi6EBCACwrCi69i8+mCrBBTFdkRjwnfglMHeYgn5iRrz84LEBsp8OY2b6
qfaLmy8XNMxi289r90vokBc/0DCFeqxR4vQX7VAKoomp8KuSRY4R5wvoi16BLd68
/EOarvaDg6S1/gEKVN8dRiFqfHr5eyYbJcdo46i9fhPhNXCwn37qlksTq8ZfNlWM
KCw3RFm5Zj7d8q8pc+WPhabPJ5/zlvaS8sWvAcuarsGGbzhowP2em9zF5drS3n8w
DrZtjJLF/D/REe+U08hNrkRfIGm2SxH7bMfXq7bFfDkwDWE3NBGoHY95O5TcuuDM
Bm3sjh7VW12fObaNnIH2mkQ/VANbaNJwcRyxABEBAAG0FkhpZGVraSBTYWl0byAo
U05TIEtleSmJAT4EEwECACgFAkySi6ECGwMFCQHhM4AGCwkIBwMCBhUIAgkKCwQW
AgMBAh4BAheAAAoJEG/EFuTSSZhCaFUIAJO9apBoJq0JHZOZzah21jSJtOXD7kEC
z+bRgJtTXE4vUnZJec7z1lGugn00Z5FP0p0+IfWXyJDy07eVRjtWg8ob9P3GvDeq
Y+iRpbAAYENUY4YH0zhLXxjbh6NjNqgmT23QC6KTVY0RTEPDe1675EeVgEv/OfO6
FAVCt/WuEeN/RT5BiSiNYOOhH4Ecv+IDLNhBSJaT4uk0fDoGtsb5i+LJTC3Ds3nd
qGZPaE+bX2PcddAgovYtivnybMo28otZMmDyPB9DME8Yd2/x9FhZNXL90XEh0/LM
T/1sOqjE8D8QPrSZ6MooLck+cxrALHNJavsZE0EsKYzPe2AhvuARSMq5AQ0ETJKL
oQEIAMID2aa7L1xBudnHN0MR3pmNMSPxKdio5GtX3TzJw7j68tQkHp1asvx52kwb
R6fWPrDk9d9rjr7or36+V4xSQiH/6/YHK2PJt4+JJyWKLUd0lWKe86fQvrGjrBYw
XuAgJ+ny0+Sicr4rMCzc9SFu9Hh8dXlPLOGKZ/7LBJSBQaASKSfU+4s/t5hNTTtm
u0ivlxn2fTdzrlTCrQmzIUnQRciDeefsKbFjJJdroKB6BFK+l/mRg3j2UEkwAEUK
66MRpYbAuZrDgNlzs8gvONK7JAMw+6JjQLXCMLxvnJ24cYSLhNVWG/Li+cT3Dj28
5wNLhBznG1BoVBcOfWz0jRU9DX0AEQEAAYkBJQQYAQIADwUCTJKLoQIbDAUJAeEz
gAAKCRBvxBbk0kmYQvpcB/wOOj/lLgc4TnCSw+5V5ulJllxRuJ70+QFjg04ZGf7u
7ZW6XCDL2PNHFYKB0RDOhwuLAt00JsGwOb9PR4Lesf1ITl7zcJlhEN0UYfK/HNHx
xebxcUA22aTlSYmRCEsMcZG/j8qC+6Foo8tZCW/f/tAkAaGJsP+Z3buQ/Eq25pOU
iidTLLp5HSp2ho32D4/fKQImvAa/DrlGQlBB4itid92TFHZAJBzSNoLiCM85vC+A
Osq2H4LMjxNp6bpaA4xb/pyQn+ymWlRzO6Gx7OGKPTjz59IweUU7PUsNFPFQKXeB
GHvELjjS6gYFbLTDXcIoOkHFuh5NGGRydXOb5PUcRd3P
=6/9P
-----END PGP PUBLIC KEY BLOCK-----

送付方法

各SNSのメッセージシステム経由でメッセージをお送りください。

日記・ノートの発行開始

登録以降に公開される保護された記事が読めるようになります。読めない記事に関しては恐らく誰にも宛てられていない記事を意味します。(秘匿メッセージ→詳しくはOpenPGPを使用したSNSセキュリティを参照してください。)

Google Web Toolkitでシルファ語

Google Web Toolkit(GWT)はかなり前に公開されていたのですがしばらく放置してました。(ダウンロードだけはした覚えがある。)

これまで商用製品だったEclipse用の開発・デザイナーツールがGoogleによる買収後、無償公開されたということを聞きつけ、早速試してみました。

Google Web Toolkitは初めてなので、とりあえずシルファ語ブックマークレットのページをポーティングしてみました。(笑)

以前に指摘されたバグも尚しました。

フォームなどの部分はJavaで記述して、それをコンパイルしたものとなっています。

これ、スクリプト部分はObfuscateされるようになっているけど、SEO的にはどうなのかな、と考えたり。

なかなか使いやすそうなシステムですんで、ウェブサイトなんかを仕事上書き上げたりすることがあるんで、その時に使い道があるかな、と思いました。