Freenetは究極のクラウドであるかもしれない

Freenetの実体というのは分散ファイルシステムであり、ファイルをアップロードすることによりそのファイルがピースに分解され、多数のノードに収容されるようになっています。おもしろいことに、FreenetのOSへの統合や、P2Pのバックアップシステムの可能性というのは構想されているようです。一番の問題点としてはその仕組み上データの入手可能性は保障されないため不可逆性がある、というのが問題点のようですが、同ドキュメントにおいては複数のバージョンのスナップショットを保存するにあたって他のバックアップメディアを検索する前の、第一次バックアップ先としては使用できるのではないか、というポイントが指摘されています。

この記事にはSecondary Channelがあります。

USK@G9W7jXEa6o0M0o256rPwZ-DemcKV03K80dgNVzLKy~8,MI554eK1Sm~nDBKIBtE9N-TVIml0NDsx6-6ixfm2q70,AQACAAE/main/3/20100207/index2.html

ローカルで標準ポートの8888に設定されている方はこのリンクでもご覧になれます。

閲覧にはFreenet 0.7.5が必要です。