Google日本語入力

Googleが日本語入力の世界に進出してくるとは思わなかったですが、出しました。その名前も「Google日本語入力」ってそのままやん。(笑)

今まさにそれを試してみるついでにこれを書いているところなのですがMS-IMEに比べるとよいけど、ATOKに比べるとどうかなってところですね。(ただ、ATOKは辞書機能が非常に便利なので、その点では手放し難いわけですが。)

ちなみに有名な例文系は結構誤変換起こしていますね。

  • ベートベンの大工
  • 入れた手のお茶

快適に入力できないってわけではないのですが。

人名系は、とりあえず、「高嶺愛花」はだめでした。学習機能はあるので、一度変換してやるとうまく変換出来るようにはなるのですが。

使われているOSS技術のリストがありました。

  • google-breakpad クラッシュレポートツール
  • chromium ブラウザ
  • curl  ダウンロードツール
  • darts データ構造構築ツール
  • IPAdic 形態素解析器 ChaSen 用辞書
  • NAIST Japanese Dictionary 形態素解析用辞書 IPADIC の ICOT 条項をクリアするとともに 表記ゆれ情報、複合語情報を付与した辞書の公開
  • protobuf データ交換フォーマット
  • Rx データ構造ツール
  • WTL Windows用ライブラリツール

Google Chrome OSの日本語環境ってどうするの、と思ってましたから、その答えの一つなのでしょうかねぇ。