Honda Insight感想みたいなもの

3月26日に納車となった2010年版Honda Insightですが、感想などを書いてなかったので早速書いてみます。

ハンドルを握ってみてまず感じたのはハンドルの軽さ。車体が軽いためか、その分楽になっています。


D

パワーに関してはエコモードにするとやはり少しレスポンスが落ちる印象がありますが、でもこのモードを入れたままでも60マイル以上に楽々に加速できますので、ほとんど常時入れたままにしてあります。(パワー欲しいな、というときに切るという感じですね。)

Inside Honda Insight 2010

内部に関しては2006年にモデルチェンジしたシビックの流れを組んでいる感じで、2-tierなインパネも健在です。スピードメーターは燃費性能に応じて色が緑から青に変化するようになっているのですが、慣れるとかなり無意識に緑に持っていくようになるので、燃費もほぼ毎回、5段階で4~5の成績を取れています。

今回のグレードはEXクラスのナビ付き(米国では大きくLX、EX、そしてEXナビ付きがある)なのですが、最近で標準装備していた外部入力に加え、USBによる入力(iPodやUSBメモリなど)からの入力もサポートしているのはうれしいです。

自分自身、非常に早い時期に手に入れたので(ディーラーでは一人目)まだ同じ車のユーザーにはすれ違ったりしていませんが、26日に取りに行った時にも見に来ていた人は結構いたので、米国でも関心のある人はそれなりにいるようです。