写真撮影禁止の難しさ

ある図書館でAndroidの強引ビデオ撮影のソフトの検証をしていたら、館スタッフから「人の写真を撮るな」とのクレームがついた。写真は撮ってなかったし、ビデオで、人も特定困難な代物だったので、はいはい、そうですか、という形で受け流したのだが、考えてみると米国の「写真撮影禁止」の多くはいわゆる紳士協定で成り立っているんだな、と思ったり。(スタッフの言葉を厳密に解釈すると人が写らなければいいのだろうか・・・・・・。)

例えば、米国のコンサートなどでも多くの場合、「写真撮影禁止」とは書いてあってもカメラや携帯電話の持ち込みを禁止しているわけでもないし、レンズにシールを貼られるわけでもなく、本当に写真やビデオが撮りたければそんなに複雑ではないわけですよ。せいぜいばれたら追い出されるか最悪出入り禁止になるぐらい。

最近、映画館で撮影してネットに流す輩が出てから、映画館などではそういうのを発見するシステムなどを導入しているそうですが、それだってどこまで防げているのか。

じゃあ、入り口で預けるシステムにすればいいのでは、という話になるのですが、それも実は米国ではあまりポピュラーではなかったりします。多分、預けるシステムにしてしまうと預けた時点で紛失などの損害に対する責任が預かった側に移ってしまうために、やりたがらないのでしょうね。また、日本のある店で書いてあった「撮影禁止。撮影したら内部メモリーを消去させていただきます」みたいなことを書いてあるのを見たことがありますが、これも実際に正式な手続きをなしに実行したら法的に問題になるんだろうなぁ、と考えたり。(器物破損にならないのかな?)

Flickrなどでも時々撮影禁止な場だろう、という写真が流れてたりしますし、そもそも写真禁止のところを撮ることを生き甲斐としたアングラなウェブサイトも存在していたりします。

この問題というのは、実はコンベンションで、特にアーティスト系の出演交渉などでも話題になることがあるのですが、日米の温度差が違うので、安易に「対応します」で済ましてはいけない問題で、ちゃんと何をどう対応できるのかをしっかりと説明し、理解を合わせる必要があります。(この違いを理解していないアメリカ人スタッフが安易な回答をして、後々問題になることがあるのです。)

Sakura-Con 2009終了

ということで、終了しました。

お祭りが終わったという悲しい気持ちと、無事やり遂げたという気持ちが交錯して、ほどよい疲労と重なって、すごい微妙な気持ちを醸し出しています。かもすぞ~。

これも、期間+αの間来ていただいたゲストさん、マネージャーさん、起きている間はほとんどの時間をコンベンションの運営に費やしたリレーションスタッフ(自分の範囲ではアテンド担当、通訳担当、そして連携でがんばってくれた、「Section 9」スタッフ及び、レギュレーターの面々など、多方面との協力があって初めて成功したと思います。ありがとうございました。

今回は比較的に問題が少なく、また、細かい問題が発生してもそれぞれのスタッフがうまく連携して、フォローできるようになっており、そういう点で非常に進歩が見られた年であったのではないかと思います。

まだ、動いてくれているスタッフがいますが、お疲れ様です。

「もうやめてやる~」(とは言っても結局戻ってくるんだけどね)と言っていた例年から、今回は「また来年も」と素直に思えた年となりました。

ところで、日本でもニコニコ生中継されてたらしいですね。恐るべし。

OpenOffice.org 3.1 RC1

Extendedミラーに入ってますね。(extended/3.1.0rc1に入っています。この意味が分からない人やどれをダウンロードすれば分からない場合は正式版を待ちましょう・・・・・・。)

前に指摘した91740(タグ付きPDF)の問題や、Vistaのハンドリングに起因するロード・セーブダイアログでの拡張付けの問題などが修正されており、ユーザビリティが大きく向上していると思います。

他の機能に関してはちょっと日付が古いですが、OpenOffice.org Ninjaのこの記事が詳しいです。

Honda Insight感想みたいなもの

3月26日に納車となった2010年版Honda Insightですが、感想などを書いてなかったので早速書いてみます。

ハンドルを握ってみてまず感じたのはハンドルの軽さ。車体が軽いためか、その分楽になっています。


D

パワーに関してはエコモードにするとやはり少しレスポンスが落ちる印象がありますが、でもこのモードを入れたままでも60マイル以上に楽々に加速できますので、ほとんど常時入れたままにしてあります。(パワー欲しいな、というときに切るという感じですね。)

Inside Honda Insight 2010

内部に関しては2006年にモデルチェンジしたシビックの流れを組んでいる感じで、2-tierなインパネも健在です。スピードメーターは燃費性能に応じて色が緑から青に変化するようになっているのですが、慣れるとかなり無意識に緑に持っていくようになるので、燃費もほぼ毎回、5段階で4~5の成績を取れています。

今回のグレードはEXクラスのナビ付き(米国では大きくLX、EX、そしてEXナビ付きがある)なのですが、最近で標準装備していた外部入力に加え、USBによる入力(iPodやUSBメモリなど)からの入力もサポートしているのはうれしいです。

自分自身、非常に早い時期に手に入れたので(ディーラーでは一人目)まだ同じ車のユーザーにはすれ違ったりしていませんが、26日に取りに行った時にも見に来ていた人は結構いたので、米国でも関心のある人はそれなりにいるようです。