USB-5で思うこと

前にも書いた、このブログ記事とそのコメントに関連して思うのですが・・・・・・。

このインフラノイズって会社、ウェブページでさえないのね。

仮にPCに接続するデバイスを作っている会社で製品情報ページどころかウェブページがないってどんな会社だよ、と思ってしまうのです。(でも、まあ、もちろん別にそれを作るのは決して義務ではないし、もしかして台所事情が厳しい会社なのかも知れません。)

もう一つ不思議なのがなぜサンプル音声がないのか。仮にこのデバイスがその販売ページ向けのテキストでその効果を主張するのであれば聴き比べのために元の音声と、USB-5を通した後のサンプル音声を置いておけば一目瞭然なのに。自分がセールス担当だったらそうしますよ。そういうことを行わずに試聴会など自社でコントロールしやすい環境でセールスを行う。これだけで製品の効果が怪しいですね。

というか、ユーザーからサンプル音声が出てきても良さそうなのに、それもないのはなぜよ?