巡音ルカとシンクロ権

「巡音ルカ」は「ミク」「リン・レン」とどう違う?の記事中の

 ルカなら英語オンリーの洋楽曲も自然に歌わせられる。ここで問題になるのが「作った楽曲をどこに投稿するか」だ。

 「ニコニコ動画」や「YouTube」は、日本音楽著作権協会(JASRAC)と包括契約を結んでおり、JASRACが管理している日本語曲は合法的に投稿できる。だが、この契約には洋楽曲が含まれていない。洋楽曲を無許諾で両サイトに投稿すれば著作権を侵害することになってしまう。

 JASRACによると、洋楽曲は動画と音楽を組み合わせて公開する権利を音楽出版社が直接管理しているケースが多く、動画投稿サイトでの洋楽曲利用をJASRACが一括して許諾することはできないという。

シンクロ権ですね。

これってでも、JASRACと包括契約を結んでいるにせよ、日本国内の管理曲の中でもJASRACに録音権を委託していない場合や、録音権を委託していたとしても「映画への録音」「ビデオグラムへの録音」を委託していなければだめなんでは、と思うのですが。どうなっているんだろう。

ちなみに、アメリカの場合は、録音権(Mechanical Right)に関してはHarry Foxなどの専門の機関が管理しています。(ただ、インタラクティブ配信が関わってくるので、ネットで配布する場合は、録音権のライセンスを受けたとしても演奏権のライセンスも受ける必要があります。)

尚、拙作は録音権は自身で留保しております。(笑)

別に使ってもらっていいけど。