ASCAPとは何か?

ところで、これまで何回かASCAPに関して取り上げていますが、一体何者かを説明していなかったので、ちょっとまとめてみます。

実は、JASRACと似たような団体、というのも少し語弊があるので。

ASCAPはThe American Society of Composers, Authors and Publishersの略で、日本語では米国作曲家作詞家出版家協会と表記されることが多いようです。その名の通り、作曲家、作詞家、出版家(ほとんどの場合は出版社)を会員とする組織ですが、その主な目的は会員の楽曲に関してのデータを集積し、それが演奏された際に使用料を回収することにあります。(演奏とは言っても広義であり放送なども演奏となります。)

米国ではASCAP以外にもBMIやSESACと呼ばれる同じことを行っている組織があり、米国で会員資格者はそのうちの一つのみに加入することが認められています。(ただし、ASCAPとJASRACの組み合わせなど、国を隔てている場合は加入することは可能です。もっとも、ASCAPのメンバーの楽曲の他の国での演奏に関してもASCAPはそれぞれの国の機関を通じて回収しますが。)

なので、例えば「るっかるっかにしてあげる」とか作ってヒットして、着メロなんかになった場合、日本においてはJASRAC→ASCAPの流れで使用料が入ってくる形になります。(出版社に関してはJASRACの会員でもOK。その場合、分配は出版社はJASRACより、作曲者はASCAP経由で受け取ることになります。)

ちなみに会員資格というのはASCAPの場合、おおざっぱに言うと音楽を制作して配給している、ということが条件となります。

個人的に加入したのはいくつか理由があるのですが、一つはすでにしょぼいながらも、いくつか音楽を制作して、配布・販売しているというのが一点で、まああとは最近Vocaloid弄くってますんで、まぐれで名ソングができたときのためにというのもあります。(そんなことあるんかいな)

まあ、他にもMG社絡みでのプランがあったりするのですが、それはまたの機会に。

尚、ASCAP会員であるからとは言っても個人的にDRM推進とかCreative Commons反対、とかそういうスタンスではないので。(笑)確かにASCAPの見解としてCreative Commonsの適応は慎重に、という話はあるようですが、それぞれの利点、欠点を吟味し、慎重に考えないといけないのは、それはどんなライセンスでも当たり前の話だと思います。