SVKが便利すぎる

各種データは公私問わず、Subversionで管理しているのですが、SVKを使ってみたら、ものすごく便利。Subversionを分散バージョンコントロールっぽく使うことができます。分散VCといえば、Mercurialも試したのですが、日本語ファイル名の扱いや、扱うファイルサイズが大きすぎるとメモリ使い尽くして落ちる問題があり、とても実用にはならなかったのですが、SVKの場合はSubversionと連携しますから、このあたりの問題もありません。(業界的に大きいファイルを扱うので、大きいファイルで落ちるのは致命的です。)

SVKの場合は、一度ローカルにSubversionレポジトリをチェックアウトして、そのレポジトリをブランチして使用するようになっているので、確かにレポジトリの分だけHDDのスペースを消費するわけですが、ブランチはNTFSでもハードリンクの機能を使用して実現されているため、あまり影響はありません。

通常のフロントエンドとしてはローカルにSubversionレポジトリを構成するため、TortoiseSVNを使えますし、非常に快適です。また、ネットに接続していない場合でもログ参照やチェックインも行え、後でまとめてサーバにチェックインすることができます。

使用している各マシンにブランチが作成されるため、どのマシンでいつ更新したか、という時系列的な管理も楽になりますし、また、例えば一台のマシンでチェックインを忘れてしまった、という場合でもリカバリが容易に行えます。

ということで、Subversion使用している人はおすすめ。前に開発にいたときはCVSだったのですが、Subversion+SVKが使用されていればどんなに楽だったか・・・・・・。(もっとも当時、Subversionはファイルロッキングの機能がなかったので、3Dファイルなども管理していたため、Subversionは検討はされたものの、使用できませんでした。)

これ、各種オープンソースプロジェクトの俺フォークを作るときにも便利そうですね。