T-Mobile G-1が現れた!

届きました。

Before opening the box...

箱も普通の電話よりも凝ってるかも。気合いが入っています。

ぐぐっと引っ張りだす二重構造です。

Pulling the case out of the box

なお、上蓋のインサート部分にマニュアル類が入っています。

Finally opening the box

マニュアル類はこんな感じ。

Content of the box

Chargers...cables, etc.

ケーブル類はUSB電源ケーブル、USBケーブル、ヘッドフォン(マイク兼用)、ソフトケースが含まれています。ただ、このソフトケースは、ベルト固定も留め具なんかもついていないいわゆる「袋」的なものであるため、別に用意しないといけないかなぁ、と思ったり。なお、電話自体にもストラップホールがないのが少しマイナスですね。

Bottom of G-1

チャージポートは普通のUSBです。

Charging

チャージ中。ちなみにまだプロテクトシールはがしてません。液晶とポップアップ機構の裏にも貼ってあります。

ということで起動。

Booting

しばらくすると・・・・・・。

Android logo

噂通り最初にGoogleアカウントの設定が行われるようになっています。(その様子は写してませんが)

Start the setting

それで・・・・・・お約束・・・・・・。

Hatsune Miku video playing


D

日本語もちゃんと表示されます。(ただし、入力はさすがにできません・・・・・・。)

Detailed information about the video

コメントも見られます。

Comments

機能的には多くの部分で、Googleの機能が統合されています。例えば、メールもGmailが着信しますし、電話帳もGmailの連絡先が同期されるようになっています。そのため、Googleラブな人であれば、非常に快適に使うことができます。

しばらく使ってみてまたレポートしようと思います。

最後に、同日に届いたらき☆すたDVDとのサイズ比較。(笑)

G-1 DVD size comparison

会津若松市とOpenOffice.org

「OpenOffice.org移行の理由はMS Office 2007での大幅な変更」—会津若松市情報政策課 本島氏

ここで感心した。

OpenOffice.orgとMicrosoft Officeは非互換な部分もある。例えば,職員からは点線が使えないという問い合わせが寄せられた。「点線が使えなくとも,薄い線などで代用すればだいたいそれで事が足りる」(本島氏)。

これで通せるのがすごい、というかうらやましい。こういう意見が通らないから、MS Officeの代わりにOpenOffice.orgとかMS Outlookの代わりにMozilla Thunderbirdとか勧めるのが難しいんですよ。(経験者)

普通にやったら絶対に点線でないとだめだと言い張る人間が出てきますよ。

そういう意味では、会津若松市の懐の大きさはすごいなぁ。

(もっとも、限定的なレベルではOpenOffice.orgを勧めてうまくいっているケースは個人的にもあります。)

三次元×二次元=♥?

「二次元キャラとの結婚を法的に認めて」という署名活動が行われる

さすがにここまでくると意味がわかりません。(笑)

なんつーか・・・・・・。

それで当人の気が済むのであれば認めてやれば?(笑)

追記

でも、二次元人に住民票が発行されるぐらいだから、結婚もOKなのか?(笑)

OpenOffice.org 3.0一週間で300万件のダウンロード

http://tech.blorge.com/Structure:%20/2008/10/25/openoffice-v30-sets-download-record-80-by-windows-users/:title=

OpenOffice.org 3.0ダウンロード、一週間で300万件を記録、そして、80%がWindowsユーザー]だったらしいです。ただ、多くのLinuxユーザーはディストリビューションごとのアップデートでダウンロードを行うため、誤差はあるそうですが・・・・・・。(すなわち、Windowsユーザーの割合は実際より多めに出ている。)

個人的には、環境のリストア後にMS Officeを入れ忘れていたり、インストールしていてもOOo使ったりしていますが(2GBのRAM入れていても、Office2007、重いんだもん。よく、何かの比較でMS Officeの方が速いとか出ていたりしますが、特定の条件で作為されたFUDに見えてしょーがない。少なくとも個人的な使用感ではOOoの方がよっぽど速い。)、99%、全く問題なく使えております。(笑)

ついでに言うと、業務上のMS Office使用を助けたりしますが、MS Officeで変な挙動を見せる問題が起きている場合、ほとんどの場合、個人的に解決できる方法がないんですよね。例えば、OpenOffice.org とのカバー範囲からは外れますが、Outlookで差出人、宛先の名前が欠落するという問題が見られているのですが、解決策はMSを検索しても対処法が見つからないし、また、他の同環境で使っている人では発生していなかったり、わけわかりません。Thunderbirdであれば、こういう問題が起こっていれば、まあ、恐らく拡張機能が悪さしているかある程度の見当がつくんですけどね。(少なくとも単体でこういう問題が例は個人的にありません。)そういや、 LDAPでも変な挙動見せるんですよね、Outlook。

と、MS Officeの愚痴になってしまった。

衛星ラジオ、XMで日本語の野球中継

ワールドシリーズのため、チャンネル帯域が余っているのか、XMは日本語でも野球中継を流してくれています。


D

日本放送のものを同時配信しているようなのですが、アナウンサーの人たち、多分XMではコマーシャルブレークがないことを知らないと思われます。なんか時々、外向けでないような言葉が入っているんですよね。(笑)

なお、中継前に「人為的ミス」で電源が入っていたらしく、内輪向けの言葉や、アナウンサーが球場内で流れる音楽を口ずさむ様子が聞こえていました。(笑)

なお、XMをお持ちの方は、188チャンネルで期間中、日本語による中継が流されるようです。

Autodesk社、Avid社、SoftImage部門を買収

これで、Autodesk社は3DS Max、Maya、SoftImageとゲーム業界で使われているソフトのシェア、恐らく90%は掌握したことになります。(笑)

映画業界でもMaya使いが多いはずなので、その方面でもほとんど掌握しています。

ちなみに、これまで3DS MaxとMayaは使ったことはありますが、SoftImageは触ったことありません。

今は個人的に使っているだけですが、Blender使いなので、あまり影響はないのですが・・・・・・。

まあ、3DCGソフトって結構ニッチなソフトなので、このように買収があった場合でも、ソフトの統合の動きが将来的に出るとは考えられても、すぐにディスコンということは考えにくいので、当面特に何かが変わる、ということはないとは思います。(実際3DS MaxとMayaはまだ別ソフトですし。)

3DCG関係のフォーラムでは世界の終わりのような騒ぎが起こっているようですが、Alias社の買収の時にも起こっていたので、まあ、一種の祭りですな。(笑)

独占状態になって、値段が上がるという懸念もあるようですが、もともと一般的な感覚でいうと比較的高い価格帯にあるソフトですし、あまりに上がってしまうと、見限って他のソフトに移ることになるでしょうから、懸念はないと思います。反対に値段の理由だけで見限れるような人であれば、別にこれらのソフトでなくとも、特に映像制作系はtrueSpaceやBlenderに移ったりする動きもありだと思います。値段が上がって辛いのは独立系の人で、仕事取るのにこれらのソフトが必須な人でしょうね。(ゲーム系も同じことがいえますが、開発会社で完結してしまうのであれば、乱暴に言えば、実装に使える形でデータさえはき出せればどんなものでもいいわけで。)もともと、ソフト内でのノウハウも蓄積しにくいこともあり、同じ仕事ができるのであれば他のソフトでもいいので。(もちろん、一定のソフトで○○をするには××をする、というノウハウはありますが、当該の機能が他のソフトで欠落していない限り、同じ事象を他のソフトで再現するのは、基本的には使用者のセンスによるという意味です。効率って話はありますが、それはまた別の話。強いていうならばプラグインの充実って要素もありますが、これも各ソフトのユーザー数などによってその充実度は変わってくるでしょう。)

数年後にどういう状態になっているか、というのは興味はありますが、当面は何も変わらなさそうです。

更新

Autodesk社、Avid社を買収→Autodesk社、Avid社、SoftImage部門を買収

Avid社そのものの買収ではないようです。