VirtualBox 2.0

無料で利用できる仮想化ソフトであるVirtualBoxの最新版、VirtualBox 2.0がリリースされました。PUEL版(Personal Use and Evaluation License)とOSS版ともにリリースされています。

  • 64ビットのゲストのサポート(64ビットのホストにおいて)
  • Mac OS Xホストにおける、新しいネイティブなユーザーインターフェース
  • GUIをQt3よりQt4に置き換え、ビジュアル面を向上
  • 新バージョン通知
  • ゲストプロパティ情報インターフェース
  • Mac OS Xホストにおける、ホストインターフェースネットワーキングのサポート
  • Solarisホストにおける、新しいホストインターフェースネットワーキング
  • 最近のAMD CPUに装備されている、ネスト・ページングのサポート(大きなパフォーマンス向上)
  • パフォーマンスとリソース使用率のメトリックデータを集めるためのフレームワーク
  • Rawディスク・パーティションアクセス時の非同期SATA IO(NCQ、ネイティブ・コマンド・キュー)(大きなパフォーマンス向上)
  • OS/2ゲストのクリップボード統合
  • LinuxとSolarisホストにおけるPythonでのプログラミングインターフェースを含むSDKコンポーネント
  • VHDディスクイメージのサポート

さらにバグ修正などが行われたそうです。

  • VMM: VT-x修正
  • AHCI/SATA: パフォーマンスの向上
  • GUI: キーボード修正
  • Linuxインストーラー: DKMSのアンレジスターが失敗下場合でもパッケージのアンインストールを可能に
  • Linux additions: ゲスト画面の解像度が正常に復帰できるように
  • ネットワーク: ジャンボフレーム(1536バイト超)のサポート
  • 共有フォルダ: Windows Media Player 11でのゲストにおけるクラッシュを修正
  • Mac OS X: Ctrl+左マウスボタンを使用してのゲストにおける右クリックを廃止。Hostkey+左クリックでマウスクリックのエミュレーションが可能に(バグ#1766)