Googleストリートビューとナンバープレート

なんか、いつも参考に読ませてもらっている高木浩光氏のブログですが、ストリートビューに関することになるとなんかトーンが違うような・・・・・・。この人、これを感情的に嫌ってるから、ちょっと冷静になれてないのかな、と思ったりも。

で、今回ストリートビューに写った自動車ナンバープレートは機械判読され得るレベルという記事が。

そもそもナンバープレートって個人情報なの? 基本的に、車の外部に晒している情報ですよね?

他の記事で提議されているような、家の中をのぞいているとか、そういう話であれば、まだその視点が分かります。ただ、今回言っているのは、ナンバープレートが機械判読できてしまう、というわけ。

で、その自動判読された、情報を元に、ナンバープレートの番号を検索すれば、その車の持ち主の住所が分かってしまったり、ゴルフ場など、行ったことが分かっては困る場所に行ったことが分かってしまってまずい、ということらしいです。

まず、第一の点について、まず、一つに不適当な駐車をしている人が多いってことなんですかね? ガレージに入れるか、してまえばどうとでもできそうな問題だと思いますが。(ガレージに入れていても写っちゃうというのであれば、それはどっちにしても公衆にされしている作りであるわけですから・・・・・・。)

あと、ゴルフ場なんたらの議論ですが、ストリートビューを防いだとしても、誰かの写真に写ってれば同じのような気が。

日本では、自動車の写り込んだ写真を公開するときはナンバープレートを隠すのがマナーとして常識だと思っていたが、・・・・・・

一度、Flickrの写真を適当に検索してみてくださいな。どのくらいの写真がナンバープレート隠してますか? ものによってはジオタグまでついていて、高解像度の写真までが入手できるようになっていて、便利なことにタイムスタンプまでついてますよ。これは問題ではないんですかね?

とはいえ、Google側も識別ができないレベルとは言いながら、実際に識別が可能なレベルになっている、というのであれば、これは修正される余地があるわけで、まあ、この点に関しては高木氏の言い分も分かる気がする。