「ニコニ・コモンズ」と日本人の美徳

「ニコニ・コモンズ」は日本人の美徳に目を向けた平和的解決策

あの・・・・・・、本気ですか?

 「ケースバイケースで対処する」というニコニ・コモンズだが、派生作品の著作権については、不明瞭な部分も少なくない。派生作品として使われた人が、何らかの権利を主張するケースも考えられるためだ。しかし木野瀬氏は、この点について悲観的ではない。「いきなり殴り合うというようなことはないだろう。最終的には司法の場に委ねられることもあるかもしれないが、ニコニ・コモンズでは掲示板などでコミュニケーションの場も用意する。我々は日本人だし、そこは仲良くできると期待している。」

最近ニコニコ動画のインターフェースに【海外タグを表示】というのが出てきているんですが、これって「海外タグ」っていうぐらいですから、海外からの使用を想定したものですよね?

Foreign Tag (海外タグ)

ニコニコ動画自体には海外からのアクセスもあるだろうし、このように、またそれも想定し始めているとは思うのですが、そういう前提を知った上で「我々は日本人だし、そこは仲良くできると期待している」と言い切っているんですよね?

なんか、絵に描いた餅になりそうな雰囲気。

“「ニコニ・コモンズ」と日本人の美徳” への3件の返信

  1. これはこれで仕方ないんじゃないかな。
    日本の著作権法はフェアユースとか改変の許可とかの部分の融通が利かないからこういう動きがあるわけなんで、この点は国内に限定した考え方でも今は仕方がないんだと思う。
    まずは気軽にコミュニケーションが取れる間でのコンセンサスを得てから世界的なものに眼を向けるの順でやるしかないんじゃないかな。

  2. まあ、それは国内限定でやるってならいいですよ。ただ、世界を相手にする姿勢を少しでも見せておきながら、「日本人の美徳~」というような発言をするのはちょっと違うのでは、ということですね。

  3. 日本人は海外とも「日本人の謙虚さ」で仲良くやれますよ、と解釈するのはどうかな。
    まあ、発言者はそういう視点を忘れてたのだろうけど、そこは食いつくところじゃないと思う。
    現在は日本国内がメインのコンテンツなのだからしばらく様子を見たほうがいいのでは。日本国外の参加者が無視できなくなれば姿勢を変えざるを得なくなるでしょう。

コメントは受け付けていません。