クリエイティブ・コモンズとニコニ・コモンズ

個人的にはCC派。というか、特にどんなアピールがあるのかよくわからんってのが正直な感想。

ニコ動の「ニコニ・コモンズ」とは何か? という記事をもとにちょっと考えてみます。

今まで、『自分がアップロードした音楽をみんなが使ってくれているらしいんだけど、実際どこで使われているか分からん』という状況があった。ニコニ・コモンズ経由なら、どこで使われているかがすぐに分かる。それがクリエイティブコモンズとの違い。

これはそれを管理できるフレームワークがあるという前提ですよね。CCでもby-saあたりをつけておけばCCの範囲であれば管理できそうですが。

クリエイティブ・コモンズやGPLでは、一回公開しちゃうと作った人すら(利用ルール)を変えられなくなってしまう。それはちょっと覚悟がいること。「やっぱりやーめた」ということができる規約にしようと。

これ、個人的によくわからないのですが、つまり、それまでに許諾してたのを取り消して、芋蔓的に派生物の許諾を解除できるという意味なんでしょうか? そうだとすると運用によっては危なっかしくて使えないライセンスではないのかな、と思ったり。

途中で素材の提供を「無料」から「有料」に変更することも可能だ。

これはCCでもできますよね。デュアルライセンスという手を使えば。

CCのライセンスの説明にもちゃんと「著作[権]者から許可を得ると、これらの条件は適用されません。」と書いてある。

また、CCの場合はncが付いてない限りは商用利用OKですし。

プロ、アマ、個人、法人問わず、とりあえず素材をアップしてください。アップしたものが使われたら、ある時点から有料にすることもできる。ただ、有料にルールを変えるときまでは、無料で使ってもまったく合法。ビジネスをするかどうかについては、ニワンゴ、ドワンゴとしては関与しない。もしこれをビジネスにしたいという方がいらっしゃったら「どうぞ」という感じ。

これもよくわからんのですわ。つまり、有料になったらそれまで無料で使ってたものはどうなるんでしょうか?

ということで、個人的にはニコニ・コモンズは不安定で、どう運用できるかわからない危ういライセンスというイメージが……。うまくいったとしても、これらを固く管理できる、非常にクローズドな環境なんでしょうねぇ。少なくとも、公開物を多岐にばらまいている自分のような人間には使えなさそうです。