地デジ

アメリカでは大きな問題であって、実はそうでもないという二面性が。

実は、地デジ(アメリカの場合ATSC)にすると、ここだとインドアアンテナだと一局も入らなくなるんですよ。前に住んでた家でも不安定に1~2局が入る程度。ここだと信号強度なんかを考えると外部アンテナをつけても厳しそうです。

じゃあ、日本より二年も早い2009年にアナログ停波になるアメリカでもっと騒ぎになってもいいのでは、と思われる人もいるかも知れませんが、実際、デジタルでもアナログでも、「地上波」なるものにあまり期待がないだけかも知れません。

考えてみると、本当にアメリカで視聴率が高い番組って多くがCATVや衛星で流れていますし、チャンネルも格段に多い。地上波がみられなくなったところで、「だから何?」みたいな面があるのかもしれません。(CATVで引き続き視聴する人は何も心配する必要がありません。)

本当に必要な人向けには50ドルのクーポン券が国よりもらえますしそういう心配もあまりなさそうです。

ちなみにCATVのデジタル化、というのも進んでおり、アナログCATVで見ることができる番組はだんだんと少なくなってきています。こちらをSTBを介することで現行のテレビを引き続き使用することが可能なんであまり問題はありませんが。

“地デジ” への2件の返信

コメントは受け付けていません。