カテゴリー
hClippr

OOXMLとマイクロソフト

さて、マイクロソフトはOOXMLを標準化することに成功したわけですが、これからどうやって他社の製品に比べたMS Officeの優位性をアピールしていくのでしょうか。

まず、他社製品と比べて、移行コストを引き合いに出すことはできなくなりますよね?

移行コストを理由にするのであれば何のためのOOXMLってことに。

トレーニングコスト? いつも思うのですが、トレーニングコストって何よ。今までに一度もオフィススイートのトレーニングなんてのは受けたことがないのですが・・・・・・。サポートを引き合いに出してもマイクロソフトが提供しているのはインシデントごとに高いサポートだけだし・・・・・・。

作成者: Hideki Saito

ゲーム業界に15年ほど携わり、現在は米国任天堂においてローカライゼーションエンジニアと翻訳技術の開発・保守などに携わる。