出先でもインターネット

公衆無線LANサービスやパケット通信カードなどで外出先からインターネットへ接続したことはありますか?また、それはどんな時どのような場所で使いましたか?

頻繁にやってますわ。(笑)

スタバで長居するときは公衆無線LAN。Field Dayの期間中には携帯経由でパケット。(山の中でもネットが使えます。)サクラコン期間中は無線LAN。出張先でネットが必要な時にも無線LAN、つながらなければ携帯経由、みたいな感じです。

Sakura-Con 2009選挙とカラオケ

昨日はサクラコンの選挙があり、その後に、リレーションスタッフの一部+αと合流し、カラオケ大会を開催。(笑)

まずは選挙の話。

Sakura-Con 2009 Election

例によってただ飯の後に、選挙が開始。今回はチェックインした人に投票用紙が配られるという方式が使用されていたので混乱は少なかったです。昔には何故か投票者の数がチェックインした人より多かった、という事象もあったみたいなので。

その途中でいろいろとくじ引きが行われてました、実は一つあたったり。(サイン入りのマンガ)

Autographed manga

今回のリレーションのExecutive AwardはEugeneでした。他のスタッフアワードに関しても、例によって、日本ゲストリレーションスタッフには自分も含めて、ノミネートすらなかったんじゃないかなぁ。(コンベンション内での評価的には報われないポジションなんでねぇ。まあ、別に外から見てどう見える、というのはあまり気にしてないんですが。)誰がいつもは温和な某アメリカ人ゲストに管轄外なのにクレームつけられたと思っているんだゴルァ、とかだけ言っておこう・・・・・・。(そりゃあ一時間待たせりゃ怒るわな。)

Eugene with his relations award

ちなみに今回の選挙の結果は以下の通り。まず、現在、以下のポジションに関しては2年間の任期なので、もう一年(2009年度の終わりまで)継続します。

役職 名前
Con Chair 空位
ANCEA Secretary Erin Durdy
Chief Financial Officer Reneé Naddeo
Director of Relations Sabrina Cretella
Director of Publicity Elmira Utz

今回選挙によって選ばれたのは以下の通り。

役職 名前
Vice Chair Roy Duran
Membership Secretary Ben Hitchcock
Treasurer Chris Louck
Director of Operations John Utz
Director of Programming Jon Bressler

Facilities Managerは役員による選択であるそうです。

役職 名前
Facilities Liaison 空位

Con Chairが空位になっているのは今回選任が延期されたから。公知期間が短いので、次のミーティングまでに不在者投票票が配られるということです。ちなみに、サクラコンのスタッフは任期満了後にはそれぞれの役員により次期選任されるまで「解雇」されるのですが、スタッフ任期の延期は行われず、投票権のみが付与される形となるようです。(スタッフでないと投票権がないからこれも議論された。)

全員の投票が終わったあと、くじ引きなどが続いていましたが、とりあえず退出(当たってるので当たる可能性もないし)して、カラオケの会場に移動。ちょっと早くついたので、会場の道の反対側にあるコーヒーショップでコーヒー飲んでました。

Waiting for Karaoke time

その後のカラオケは、結構盛り上がりました。

Before Karaoke

結構みんないろいろとレパートリーがあるのねぇ。

PicasaとGoogle EarthでGeotagging

FlickrでもGeotaggingは可能ですが、日本の地図がしょぼいなど、欠点が多いです。

実はPicasaとGoogle Earthを使用すれば非常に快適な環境でGeotagできちゃうのに気がつきました。

Geotagging menu in Picasa

ちゃんとそれをするためのメニューが。いつから入ったのかは知りませんが・・・・・・。

このメニューを選択するとGoogle Earthが立ち上がって、こんな画面になります。

Geotagging with Google Earth

真ん中のターゲットに目的地を合わせてジオタグのボタンを押すとその写真に位置情報が組み込まれます。

After Geotagging

同時にその写真がGoogle Earth上でも表示される。ちなみに複数の写真も切り替えながらタグを打っていける他、一括で行うこともできるので快適です。実はFlickr内で行う Geotagとは違い、これを行うとEXIFにその情報が組み込まれるため、例えば、対応しているビューワや、Picasaを使用して他のところで写真を読み込んでもそのGeotagの情報を参照することができます。

Flickrでも写真の情報を見るとEXIFに位置情報が組み込まれているのがわかります。

なぜGoogleを使うのか

プライバシーがなんだ、という話があっても、個人的にはGoogleのサービスを使うのはGoogleって国と言語をきっちり分けて考えているから。

数多くのウェブ上で展開されているサービスはありますが、Googleはこの部分で非常に秀でているんですよね。

周りを見回してみると、例えば、マイクロソフトのウェブサービスを見ても、「国の選択」は常に「言語の選択」に追随しているわけです。Yahoo!なんてサービスどころか会社させ違いますしね。だから、アメリカに住んでいる人が、言語の選択を日本語にするとこういうサービスにおいては日本にいることを前提にしたコンテンツになってしまうので非常に使いにくい。これは日本に住んでいる外国人にも同じことが言えるのではないでしょうか。コンテンツだけならまだいいですが、住所の入力方法なんかもその国の使用になってしまう場合さえあるため、こうなると使い物にもなりません。

その点Googleでは米国在住だろうが、日本在住だろうが、フランス在住だろうが、地域を変えながらも自分で好きな言語を選択することができます。もちろんGoogle Newsなどでその言語でのコンテンツがあるかないかで在住している国に関係あるコンテンツがあるかの違いはあるにせよ、これは例えば日本語モードで英語コンテンツを表示することを防いでいるわけではないわけで、好きな言語のニュースをカスタマイズで追加できるようになっているわけです。オンラインサービスでもGmailだけを英語で、他を日本語で、といった使い方さえできる。

ソフトウェアとしては実はWindows VistaではUltimateやEnterpriseでないと言語パックが使用できない他、Officeなんかでは言語パックは別売りだし、XPなどはまず普通のユーザーは言語パックを手に入れることはできません。(ビジネスユーザーのみに提供されている)

言語の選択なんて最下位とはいかなくともVistaやMS OfficeであればProfessionalあたりから入れておくべきでしょう。基本的なアクセシビリティの問題ですから、Standardでも入っていてもいいぐらいですよ。MS OfficeなんかUltimate買っても言語パックがついてこないのはおかしいと思います。

そういう意味ではMac OS Xは優秀なんですね。ただWindows用のSafariはOS言語で決めうちしてますが。(iTunesは言語選択ができるのになぜ?)

ちょっと話がずれましたが、Googleのソフトはそのあたりも結構考えられています、Google EarthもPicasaもちゃんと言語設定ができます。

そろそろ国と言語をごちゃ混ぜにするのは辞めて欲しいです。携帯だっていつになったら国際対応されるのか。