TrueCrypt 5.0

ステガノグラフィ技術を使用した暗号ボリューム作成ツールであるTrueCrypt 5.0がリリースされました。

リリースノートは以下の通り。

新機能

  • システムパーティション・ドライブ(Windowsがインストールされているパーティションまたはドライブ)の暗号化のブート前の認証(システムを使用、ファイルの読み書きを行いたい任意のユーザーはシステムの起動前にパスワードを入力する必要がある。)を追加。詳細についてはドキュメンテーション内のSystem Encryptionを参照のこと(Windows Vista/XP/2003)
  • パイプライン化された読み書きによりそのスピードを最大100%向上(Windows)
  • Mac OS X版
  • Linux版のGUIの追加。
  • XTSモード。これは2003年にPhillip Rogaway氏によりデザインされたもので、最近IEEE1619として承認されたブロック形式のストレージデバイスにおいての暗号のプロテクション。XTSはLRW方式よりもより高速で安全。(ドキュメンテーション内のMode of Operationを参照のこと)新しいバージョンで作成するボリュームはXTSモードのみで作成可能であるが、古いバージョンで作成されたボリュームに関しては引き続きマウント可能。
  • SHA-512ハッシュアルゴリズム(SHA-1を置き換え、また新規のボリュームを作成する際にはSHA-1は使えない。)既存のボリュームのヘッダーをHMAC-SHA-512(PRF)を使用し再暗号化するには、Volumes > Set Header Key Derivation Algorithmを選択のこと。

向上点、バグ修正、セキュリティ向上

  • Linux版は再デザインされ、Linuxカーネルの変更(アップグレード・アップデート)により影響を受けないように変更。
  • 他のマイナーな向上、バグ修正、セキュリティ向上など(WindowsとLinux)

古い版のTrueCryptを使用の場合はアップグレードを推奨するとのことです。