外国人の○○

「外国人の○○」とは言っても日本での話ではなくて、外国で日本の文化が流行っているとかそういうコンテキストです。例えば「アメリカ人のオタク」とかそういう感じ。

最近この手の表現にどのくらいの意味があるのかなぁ、と気になったり。

言いたいことはわかるにしても、国籍ってただの記号ですし、より様々な層をカバーするわけで、本当は地学的な範囲内で示すのが正しいのではないかとつまり、「アメリカのオタク」「アメリカから来たオタク」「アメリカに住んでいるオタク」というような感じですね。

「アメリカ人の○○」という表現だと、例えば自分のような人間も含みますから・・・・・・。「アメリカ人なのに日本語が読める」、あたりまえやんかぁ、みたいな。(笑)

自分が当事者だから気になるのかもしれませんが・・・・・・。