Mercurial

この記事に触発されて、Mercurialを使い始めました。これまでCVSやSubversionなどを使っていたのですが、一つの問題として、複数のマシンで複数の箇所から作業しているため、サーバをどこに設置するかが問題でした。つまり、以下のような状態になっています。

仕事場デスクトップ ←→ ノートブック ←→ 自宅デスクトップ

この場合、ノートをサーバとすれば一応は解決するわけですが、一番リソースが少ないマシンになりますから、そういう意味ではそういう運用はあまり気が乗らなかったのと、ノートブックは普段持ち歩いているわけですから故障などのリスクも高いわけで。

Mercurialであれば、分散型バージョン管理システムですから、サーバがどこにあるかを意識せず、また必要な場合にはファイル全体をリムーバルメディアに写して、同期を取るといった運用ができますので耐障害性も高いような気がします。