Visual Studio Express 2008 Beta

試してみた、とはいえ、C#とC++を軽く試してみただけですが・・・・・・。

現在Beta2でマイクロソフトより配布されています。ちなみに正式版もこれまで通り無料配布ということです。

ダウンロードしたのはディスクイメージ。

ウェブインストールもありますが、一括でダウンロードして複数のマシンに入れるのにはやはりこっちの方が簡単なので・・・・・・。

Installing Visual Studio Express Editions 2008

Visual Studio C#ではWPFが使えるようになっています。

C# Project Selections

アプリケーション作成の方法は2005よりさほど変わっていません。

C# Windows Form Editor

Editing C# file

Visual C++ Expressではインストール後デフォルトでネイティブアプリケーションの作成もできるようです。2005でもできたとは思いますが別にSDKなんかをダウンロードしなければいけなかったり面倒だったはず。

C++ Project Selections

ただし、もちろんMFCは無理ですが・・・・・・。ただ、デバッガーなどもついていますし、プログラミング学習目的なら十分すぎるほどの性能です。ちなみにコンパイラのバージョンは以下の通り。

Microsoft (R) 32-bit C/C++ Optimizing Compiler Version 15.00.20706.01 for 80×86

Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

無料の製品でもOptimizing Compilerがついてくるとは・・・・・・。MSVC6.0の時代はStandard版ではStandard Compilerだったんですよねぇ。(遠い目)

Editing C++ file

STLなんかももちろん使えます。MFCついていない以外は性能的には製品版と同じようです。なんか久しぶりにC++いじりました。(2年ぶりかも)画面のプログラムの内容を詮索するのはやめてください。(笑)

商用利用も可能ということですので、社内利用のツールなどはこれで十分書けると思います。プロジェクトのスコープにもよりますが、これを使ってなんらかの製品を作ることも不可能ではなく(特に.NET Frameworkを使用する製品)かなり強力なツールではあります。