MS Officeとかの話

知り合いからOffice 2007を安く譲ってもらえたので試しました。(もちろん合法的な方法です。)

そういう配慮で回してもらった以上、あまり悪口は言いたくないのですが・・・・・・。

ナビゲータ

OpenOffice.orgの場合、ナビゲータがあるためドキュメント内にある要素を簡単に見つけて選択することができるのですが、これに相当する機能がないようです。スタイルと書式に対応するものもないようですね。結構殴り書きしてから体裁を整えるのにこの機能も多用するため、ないと不便です。

動作の重さ

動作に一テンポ置いている感じ。じゃあ速いマシン買えよ、という議論が出るのかもしれませんが、でも同じマシンでもOpenOffice.org、ここまでは重くないですよ。というか、誰だよ、OpenOffice.orgが重いと言ったのは。

PDF保存のオプション

PDF/A対応などのMS Officeにしかないオプションもありますが、普段使用する範囲内でのオプションはOpenOffice.orgの方が上ですね。OpenOffice.orgの場合はセキュリティ設定が充実してますので。ただし、これはAdobeからMS Officeに対してセキュリティ機能を含めることにクレーム(Acrobatが売れなくなる危機意識?)がついたという話も聞いたことがありますので。でもMS Officeの独占状態の弊害の一つなのかもしれません。

リボンインターフェース

インターフェースは進化させるべきだ、とその点では同意できますがじゃあMS Officeは正しい進化経路なのか、と考えると疑問に思います。このインターフェースでは使いたい機能が探しにくい、大きな問題だと思います。

言語パック

MS Office 2007より言語パックが利用できます。ただ、これ、金取るんですよ。値段的は25ドル(日本では2900円?)程度でたいしたことはないのですが、そんなのにも金取るのかよ、という感じです。使っているのは最上位版のMS Office 2007 Ultimateなんだから言語パックぐらいただで配ってほしいものです。(実際Windows Vista Ultimateでは言語パックは無償でダウンロードできます。)

結論

標準価格を払わないとならないのであればはっきり言って価値がないと思います。ただ、オフィスソフトという性質上、互換性の問題が出てきますからジレンマではあります。(これもデファクトスタンダードの弊害)

ただ、成果物であるドキュメントをPDFなどで受け渡せる環境なのであればはっきり言ってOpenOffice.orgで十分以上であるとも言えます。テンプレートなどが少ないのが気に入らなければGoogleが無償配布しているStarOffice/StarSuite使うという選択肢もありますし。

個人的には互換性以外になぜ敢えてMS Officeを選ぶのか、という疑問も湧いてきました。