軍隊離れ

米海軍による報告:今の若者は「宇宙の生命体」

簡単に言うと、いかに若者の軍隊離れが起こっているか、ということですね。

ついでにこんな情報もあると余計げんなりするんでしょうねぇ。

Top Military Recruitment Lies

この記事、簡単にまとめると以下のような感じ。

  1. Recruiters lie(リクルーターは嘘をつく)-「イラクに行かなくてもいいよ」とか言って誘ったあげくイラクに送られる、とか。
  2. The military contract guarantees nothing(軍との契約はなんの保証もない)-給料や福利厚生など、軍は同意をなしに変更することができるようなシステムになっている。
  3. Advertised signing bonuses are bogus(公表されている入隊ボーナスはいんちきである)-ボーナスは本当の意味でのボーナスではなく、ただ単に貸し付けられているだけ。早く除隊したら返済を迫られる。また入隊した477272人のうちボーナスの最高額である$20000はたったの6%に対してしか支払われていない。
  4. The military won’t make you financially secure(軍は家計を安定させてくれない)-入隊した48%が安定せず、軍隊除隊者が米国のホームレスの33%を占める。
  5. Money for college ($71,424 in the bank?)(奨学金?)-65%が奨学金の受給を受けられず、15%しか卒業していない。また、$1500の返金されない保証金を一年目に支払う必要があり、早期除隊などの場合は返金されず、また奨学金の受給もされない。
  6. Job training(職業訓練)-入隊しても選択した職業フィールドに関連する場所に配属されない場合も多い。また、軍隊で身につけた技術でも民間では意味の無い場合が多い。(マシンガンを撃つ技術がどこで使えるの?)
  7. War, combat, and your contract(戦争、戦闘と契約)-まず最初に入隊すると8年間いる必要があるが、軍は自由に延長を決められる。また、あと2週間しかその期間が残っていなくとも、また帰還兵もまた戦場に送られる可能性がある。