Torの落とし穴?

匿名化ツール『Tor』の落とし穴――大使館等の通信傍受に成功

Torのエンドポイントの傍受ですが本来は行わない方がいい行為です。なぜなら、傍受すること自体は自分のノードを通過しているデータですから法的に問題がないですが、傍受を行っていることが判明すると何らかの違法な通信が行われた場合において連帯責任を負わせられかねないからです。特にDMCAなどの法律では通信サービスの責任範囲に関する記述がありますが、通信の内容を知っていたと見なされると分が悪くなります。