カテゴリー
hClippr

米国政府が保護観察対象者にWindowsを強要

Slashdotの記事より

日本語でも保護観察処分で「Windows」の使用を強制されそうな、ある「Linux」ユーザーの嘆きという記事に。

ざっとコメントなどを眺めていると以下のような意見が。

  • いくら刑罰の一環とはいえ、その実施に特定の企業のOSを政府が強要するのは正当なのか。
  • もし強要するのであれば政府はOSを買ってくれるのか。

これって単にソフトでこれをするような仕組みになっているのがまずいのでは?

どのようなモニタリングがされているのかは分かりませんが、プロキシーなどか、ハードウェアレベルでモニターするとかできないんでしょうか。あ、でもそれをするとドライバとかの問題が出てくるかも。

作成者: Hideki Saito

ゲーム業界に15年ほど携わり、現在は米国任天堂においてローカライゼーションエンジニアと翻訳技術の開発・保守などに携わる。