記事の動機について

先ほどの回答は冗談にしても、これらは実はただ単に作ったシートのテストデータだったりします。ただの興味から偏差値を計算するシートを作ってみたのですが、それを元に何かおもしろいことができないかな、と思って行き着いたのがKanonのキャラは痩せ傾向の記事だったりします。おもしろいことを書いて楽しんでもらいたい、というのが本望なので。(笑)なかなかネタを見つけるのは大変なのですよ。

mixiから来ている人へ

現在、mixiの外部ブログ設定はアバウトミーを通し、以下のシステムからのフィードをまとめています。

そのため、場合によってはブログ記事以外にもリンクすることがありますのでご了承ください。

尚、hClippr編集室ブログに関しては未登録でもコメントができます。

アバウトミー質問集計「たいやきと言えば?」

たいやきと言えば?・・・・・・151人による回答の時点でのまとめです。

ほとんどの人が頭からかぶりつくようです。

食い逃げ回答もまあそれなりに・・・・・・分かっていらっしゃる。(笑)

もちろん月宮あゆネタなのですが、でもよく考えてみると彼女がやっているのはいわゆる「食い逃げ」ではなくて、「万引き」ですよね。食い逃げだと食べてから逃げないといけないのでは?

アニメやゲームのWikipedia項目

アニメやゲームの作品について調べたい場合はWikipediaの英語版を使うのが一番手っ取り早かったりします。英語版ならキャラクター画像なども普通に載っており、またその項目が出現するのは非常に速いため、どういう性質の作品か、とかどういうキャラクターがいるのか、というような事柄は非常に簡単に調べることができます。表記内容も日本語版に引けを取らず、場合によっては英語版の方がより深く説明されている場合もあります。検索は日本語版を調べてそこから言語選択で飛ぶという方法が一番楽かもしれません。(「君が望む永遠」のように題名がそのまま当てはまってない場合もあるため。ただしこの作品の場合は項目の歴史的な理由からか、Kimi ga Nozomu Eienへ転送されますが。)キャラクターに関しては日本語版よりも多くの項目で「Character of…」項目に分けられています。

例えば・・・・・・。

世界ふれあい街歩き ザルツブルグ ~オーストリア~

久しぶりの放送でした。予定が変わったらしい。本当は今回は「ヴェリコタルノヴォ ~ブルガリア~」の予定だったのですが来週になったそうです。日本での予定変更の影響とか。今回もGoogle Earthで「追跡」してみました。ザルツブルグは地図情報も表示されますね。

信号機の音

オーストラリア(メルボルン)でも歩行者信号機がカタカタ音を立てていましたが、これはザルツブルグでもそうなのですね。ヨーロッパやその影響が強い国では共通なんでしょうか。

パターンも同じでした。すなわち、歩行可能ではない場合は、カタ、カタ、カタと間隔付きで鳴り、歩行可能な場合にはカタカタカタとせわしなくなるパターンです。メルボルンでは電子化されたものもありました。

Nokiaの着信音

入ってました。ちゃららーら、ちゃららーら、ちゃららーらーらーってやつ。

ドイツから来ている人

やはり川を挟んですぐのところですから来ている人が多いんですね。

Nintendo Fan Network

今日、野球に行ってきたのですが、その時に試したのがNintendo Fan Network、Nintendo DSを使った球場独自の情報システムです。これはDSのダウンロードプレイ機能を使って実現するもので、選手名鑑やミニゲームなどが楽しめるものです。また、食べ物や飲み物を座席から注文することも可能です

まずアカウントを作成するとアカウント名やパスワードの指定を促されますので、アカウントを作成します。するとクレジットカードの番号を聞かれるのでこれも入力します。(VisaまたはMastercardの番号の入力以外に球場の所定の場所からでもできるようです。)値段は1ゲーム5ドル、または10 ゲーム30ドルです。(シーズン持ち越しはできないみたいです。)

機能は以下の通り。

  • 飲食物注文
  • 選手名鑑
  • ビデオ(場内ビデオ画面のストリーム)
  • 他の試合のスコア
  • ミニゲーム(トリビアクイズやワードパズルなど)

ちなみに注文システムでは税金やチップ(17%)が含まれた値段が表示されています。

使ってみて思ったことですが、まずシステム自体は非常に面白いと思いました。注文も迅速で、席まで運んできてくれるのは面倒がなくてよく、また注文のステータスは表示されているために、まだ作っている最中なのか、配達中なのかがすぐに分かるのはよいです。ただ、5ドルという値段はどうなのかな、というところですね。これが3ドルだと全く文句なしですし、また注文が○○ドル超えたら無料にしてくれる、というようなシステムが欲しいところです。

あと、ソフトのダウンロードなのですが、座席からぎりぎりの電波強度で行うことができましたが、これも全席で快適にできるようにして欲しいですね。使用自体は全く問題なくできましたので、もう一歩、ダウンロードも全席で電波強度を上げて欲しいと思います。まあ、これは電波強度が強いところでダウンロードして、それから自席に持って行って使うという使い方もDSがサスペンド機能があるためにそんなに悪くないのですが。

prizz

内容

一定時間テストしてみたprizzですが、なかなかいいです。

内容としては一定の音楽を鳴らすシステムなのですが眠り導入部の音楽やアナウンスは同じで、それが5分程度続き、最高60分*1の音楽が続きます。音楽はスローテンポで、リラックスできるようなものになっています。また生成される音楽の組み合わせなどはランダムです。これらの音楽はMP3ファイルなどに落とすことができ、iPodなどに入れることもできます。*2昼寝モード(Energizer)においては内容はほとんど同じですがより短い時間に最適化されている他、終了時に起こす機能がついています。*3

効果

Sleepkeyにより睡眠効果を計測していますがこれによると90%から95%の睡眠効率が実現できているため、効果はあるのではないかと思います。ただし、もちろん個人差はあると思いますので誰もが同じ結果になるとは限りませんし、効果はないかもしれません。

ダウンロードなど

公式サイトではサンプルのMP3ファイルなどをダウンロードすることができます。試用版は15分の時限付きなのであまり役に立たないかも知れません。また、Energizerモジュールは昼寝ができる環境がないとあまり意味がないと思いますので、必要に応じて買うのがいいかも知れません。ただし、飛行機の中で寝るときなどにも使えるとは思いますので旅行などをする場合にいいかと思います。(そのためポータブルプレイヤーに落とせる機能は便利です。)

関連情報

Wired Vision「睡眠導入ソフトウェア」体験レポート(1)(2)

*1:長さは指定可能。

*2:実際はこの変換などにiTunesの機能を使用しているため、iTunesがサポートするフォーマットに変換することができます。

*3:睡眠モード時は指定時間後に終了する。

注文した商品

ToHeart2関係です。(笑)

第一巻第二巻はすでに入手済み。

日本国内への一時送付なので手に入るのにしばらくかかるのですが。

アバウトミー質問集計「納豆を某番組の放送・・・・・・」

納豆を某番組の放送・・・・・・202人による回答の時点でのまとめです。

前から食べていた人、前にも後にも食べていない人、後から食べはじめて今でも食べている人に分かれました。

ほとんどは前から食べていて、その残りのほとんどが前にも後にも食べていない人、そして、少数の後から食べ始めて今でも食べている人に分かれました。後から食べ始めてやめた人からの回答はありませんでした。パスしたのかもしれません。