セキュリティソフトの世界情勢

セキュリティ系の話が続いて申し訳ないですが、グルジアにロシアが侵攻してますが、カスペルスキーみたいなロシア発のセキュリティソフトは大丈夫なのか、という話がちらほらと出ているようです。

これ、思うのですが、結局どこの国でも同じですよね。

例えば、他のソフトの例だと、ZoneAlarmだとイスラエル政府による干渉の懸念がありますし、キングソフトであれば中国政府、はたまた多くの種類が存在する、アメリカ発のソフトであれば、CIAやFBIの干渉を受けないのか、という話につながるわけです。

なので、このあたりは、気にしていても仕方がない、というのが実際の話だと思います。

(尚、FBIが仕掛けるKeyloggerを各社がマルウェアとして扱うかという点に関してはちょっと情報が古いですがCNETのニュース記事が詳しいです。)

追記

それぞれの国の製品をまとめてみました。

アメリカ合衆国

マカフィー

ノートン

CA

イギリス

Sophos

イスラエル

ZoneAlarm

インド

ウイルスセキュリティ(企画は日本)

スロバキア

NOD32

台湾

ウイルスバスター(発売会社の本社は日本にある)

チェコ共和国

avast!

AVG

中国

キングソフト

ウイルスキラー

ウイルスドクター

ドイツ

Avira

日本

V3ウイルスブロック

フィンランド

F-Secure

フランス

ウイルスバリア

ルーマニア

BitDefender

ロシア

Dr. Web

Kaspersky